お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

米国で大トレンド“大きなおしり”に女性たちは夢中!

美の基準というものは時代とともに変わるものですが、今米国では“大きなおしり”が大ブーム。ビヨンセやキム・ガーダシアン、ジェニファー・ロペスといったセレブの豊艶なおしりが女性たちの羨望の的になっているのです。

【あまりにもセクシー―幅2メートルのお尻を持つ女性】

米国美容形成外科学会(American Society for Aesthetic Plastic Surgery)の年次発表によると、米国で“ブランジリアンバットリフト(Brazilian butt lifts)”と呼ばれるおしり形成手術数が昨年58%も増加したというのです。

さらに、この施術を取り扱う外科医の数も11%増加しました。

「自分のオフィスや普段見聞きするところからみると、このトレンドは間違いなくキム・カーダシアンやジェニファー・ロペスの素晴らしいおしりを欲しいと思う女性が増えていることからきているわ」とマイアミのコンスタンティーノ・メンディエータ医師。

このブラジリアンバットリフトとは体の他の部分の余分な脂肪を取り、それをおしりに注入する形成手術で費用は通常8000ドルから1万2000ドル(8万1000円から13万円)程度といいます。

さらに、大きなおしりに一番興味深々なのはニューヨークの女性であることも明らかに。整形手術照会サイトのRealSelfの調べによると、ニューヨーク市での問い合わせ件数は2013年11月から2014年1月の間で37万8000件とロスアンジェルスやマイアミ、アトランタ市の3倍以上だそうです。

おしり自慢が新しい“セクシー”さのシンボルとなっているようですね。

参考:Are Brazilian butt lifts the new boob job? Kim Kardashian fever helps fuel 58% spike in the number of buttock enhancements
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2568494/Are-Brazilian-butt-lifts-new-boob-job-Kim-Kardashian-fever-helps-fuel-58-spike-number-buttock-enhancements.html#ixzz2uYupcQYA

お役立ち情報[PR]