お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

スカートの下からの隠し撮りは“合法”―米州最高裁の判決に非難の嵐

女性のスカートの下から隠し撮りをすると聞けば、誰もが“変態行為!”と考えます。しかし、5日に米マサチューセッツ最高裁判所で下りた判決によればこの行為は“合法”。一瞬、耳を疑いますが罪にならないということです。

【「下着と一緒に○○を窃盗」「水出しっぱなしに興奮」女子高生マヨネーズ事件も顔負けの変態事件まとめ】

言うまでもなくこの判決に「ありえないでしょ!」と非難の声が殺到。米国では各種メディアがこの判決について伝えています。

ことの始まりは、2011年12月にボストンの男性がMBTAトローリー線で女性のスカートの下を隠し撮りしたとする事件でした。この新しい判決によると、この男性は無罪となります。

なぜこのようなことになったかと言うと、現在の州法では、隠し撮りの禁止はヌードまたは部分的にヌードの女性にのみあてはまると明記されているためです。つまり、その電車で隠し撮りされた女性は服を“完全”に着ていたばかりにこの刑罰の対象外というわけなのです。

世間からは「バカげてる」、「これは胸が悪くなる暴力だ」と怒りの声が上がっています。米下院議長のロバート・デレオ氏は、この判決を法の抜け穴だと非難し、法の改正を求める方針を発表しました。

参考:Mass. high court says ‘upskirting’ ― taking a picture under a woman’s dress ― is legal
http://www.nydailynews.com/news/national/mass-high-court-upskirting-legal-article-1.1711791#ixzz2vDbgEtku

お役立ち情報[PR]