お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 美白・美肌テク

蒸しタオルで“温め”は効果アリ!? 「肌のくすみ対策でしていること」

「今日は疲れたなぁ~」と、何気なく鏡をのぞいたら、肌がくすんでいる……。そんな経験はありませんか? 肌のくすみの原因には血行不良や角質、紫外線などさまざまですが、みなさんはどんな対策をしているのでしょうか? 働く女子に聞いてみました。

■うるおいをあたえて、透明感アップ
・「たっぷり保湿」(27歳/生保・損保/販売職・サービス系)
・「美白効果のある化粧水を使っています」(31歳/食品・飲料/技術職)
・「透明感がほしいと思い、とにかくうるおいを与えています」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

くすみが目立たない肌の人は、肌の透明感もバッチリ。しっかりとしたスキンケアをして、美肌の土台をしっかりつくりましょう!

■パックでしっかりケア!
・「パックをして乾燥対策すると、くすみも消えます」(29歳/建設・土木/事務系専門職)
・「シートマスクをする」(32歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「入浴中にパックして半身浴」(25歳/医療・福祉/専門職)

パックには美白効果のあるもの、保湿効果が高いものなど、さまざまな種類がありますが、いずれも肌のくすみとりには効果がありそう。肌の状態に合わせて選んでみては?

■温める・血行をよくする!
・「目のまわりを蒸しタオルで温めることで、くすみが薄くなった気がします」(28歳/小売店/販売職・サービス系)
・「血行をよくするために、半身浴やマッサージをします」(30歳/ソフトウエア/事務系専門職)
・「気になったときは、セルフでフェイスマッサージをします」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

血行が悪くなると、それだけで肌はくすんで見えがち。定期的なマッサージでリフレッシュするとともにくすみ対策をしていきましょう。

■睡眠はしっかり
・「毎日8時間は睡眠を確保」(25歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)
・「クマもできやすいので、しっかり睡眠をとるようにしている」(32歳/運輸・倉庫/その他)

肌を健康な状態にするには、やっぱり睡眠を十分とることは大事。夜更かししがちな人は、意識的に睡眠をとるようにするといいかもしれませんね。

肌のくすみ対策としては、睡眠など日々の生活習慣を見直すことも大事みたい。基本のスキンケアはもちろん、疲れたときは早めに寝るようにして、くすみのない肌を目指しましょう♪

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年2月にWebアンケート。有効回答数280件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]