お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

勉強がはかどる夢の学習机とは?「愚痴を一緒に言い合える机」「天板がiPad」

わが子に対して「勉強して!」と、キリキリしている方はいませんか? うるさいのは逆効果と分かっていても、ヤキモキしてしまいます! 子どもの勉強をはかどらせたいならば、学習机に一工夫するのが効果的!? 読者の皆さんが「こんな学習机なら、勉強がはかどる!」と思う工夫を聞いてみました。童心に返った回答を、お楽しみください!

【資格マニアの勉強法から学ぶ「自分にあった勉強スタイル」とは?】

■まるでドラえもん!?

・「親から怒られたときの愚痴を一緒に言い合える机。『いつも勉強しろってうるさい!』ということを言い合いたい」(34歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「分からないところを教えてくれる。ボタンを押したら先生が現れる」(31歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

ドラえもんの秘密道具のような机だったら、きっと勉強もはかどるはず!? あののび太くんですら、勉強させてしまう道具です! きっと効果が期待できるでしょう。

■勉強には関係ありませんが……

・「ひみつの引き出しがある。宝物やひみつの物をしまってほしい」(32歳女性/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「ボタンを押すと引き出しが動く、明かりがつくとか、机の形が変わったり、未来的なもの。子どもは好きそう」(31歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

こんな机なら、まるで自分の「基地」のように思えるのかも!? 秘密の引き出しに隠されているのが、「0点の答案」ではないといいのですが……。

■思わず座りたくなるかも!?

・「ロボットの操縦席のような机。まず勉強をする気にさせたい」(22歳女性/医薬品・化粧品/クリエーティブ職)

・「勉強を始めるとお茶とお菓子が出てくる。勉強時間を少しでも好きになってほしい」(35歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

まずは座らせることから始めましょう。小学校低学年から「自分から座りたくなる机」を導入すれば、学習習慣はバッチリ身に付くかも。

■最新式です

・「天板がiPad。ノートもペンもいらない」(31歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「映画『AI』に出てきたDr.knowのような質問機能をつけた机。気になったことをどんどん質問して、たくさんの情報の中から年齢や性別などにふさわしい回答を示してくれるもの。やり方だけを示して、答えは教えてくれないもの」(38歳男性/学校・教育関連/専門職)

こちらはネットに親しむ現代の子どもならではの学習机だと言えそうです。まるでSFの世界ですが、実現できそうなのがスゴイですね。ネットを介して友だちの勉強状況が分かれば、やる気アップにもつながりそうです。

■机メーカーさん! 参考にしてください!

・「天板の形がコの字で、天板に囲まれて座るような机。教科書、ノート、辞書を一気に広げられて見やすいし、閉塞(へいそく)感に安心するので、集中できる」(31歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「持ち歩き可能なもの。居間で勉強をするのが好きだったので、好きなところに持ち運びして勉強したい」(34歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

最後は真面目なアイデアを紹介します。少しの工夫で、使いやすさアップ! 既存の形にこだわらないことで、新たなヒット商品が生まれるのかもしれませんね。

夢みたいな机から実現できそうな机まで、さまざまな意見が集まりました。こんな学習机が実現したら、勉強好きな子どもが増えるのかもしれませんね。メーカーさん! どうぞよろしくお願いします!?

※マイナビウーマン調べ(2014年2月18日~3月3日にWebアンケート。有効回答数638件。社会人男性・女性)

お役立ち情報[PR]