お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

アメリカの外食あるある「マクドナルドの発音ができない」「中華料理の酢豚が真っ赤」

アメリカは外食産業の盛んな国です。アメリカでする外食は、日本とは異なっていることが多く、面白い経験をする人が少なくないようです。今回は、アメリカの外食あるあるを聞いてみました。

【仕事のデキる人ほど外食時に「自分の●●を活用している」と判明】

●マクドナルドの発音ができない。(男性/24歳)

そうですね。カタカナ表記のまま言ってもまず通じません。

●そもそも量が多すぎる! 残すの前提で盛ってくるのをやめてほしい。(男性/36歳)

残ったら「Doggy Bag」に入れてもらいましょう(笑)。

●「この町で一番おいしいんだ」と言われて行った店がそれほどでもない。(男性/31歳)

その町では愛されているのでしょう。

●普通の定食屋みたいなところがない。(男性/32歳)

いわゆる「ダイナー」っていうのがそれに当たると思われます。

●中華料理の酢豚が真っ赤である。(男性/35歳)

中華料理屋さんにもよるのでしょうが……。

●アメリカの中華ではなぜか絶対最後にフォーチュンクッキーが出てくる。(男性/48歳)

あれがないと寂しいそうですよ。

●着飾ったフォーマルなお客しか入れないお店は、本当に映画で見たみたいな光景でびっくりする。「こういう世界があるのかぁ」と思う。(女性/30歳)

男性はタキシード、女性はドレスなんでしょうね。相当お高いお店に行かれたようですね。

●日本料理屋がおかしい。そもそも日本人がやってないし。(男性/41歳)

バカな筆者は昔、メキシコ人が板長をやっている日本料理屋に入ったことがあります。

●すし屋でアボカドロールをめっちゃ薦められる。魚食わしてくれよ。(男性/37歳)

聞いたところによりますと、いいマグロなどは全ていったん築地に集められるんだそうですよ。

●日本酒の扱いが変。「アツカン」頼んだらグラグラに沸いたのを持ってくる。誰が教えたんだか(笑)。(男性/48歳)

お銚子を手に取って「熱っ!」と叫んだりして(笑)。

●「$0.99 サービス!」とか書いてあるチェリーパイの大きさがハンパない。日本の倍はある。最後にデザートでもと思って頼んだら大変なことに。(女性/29歳)

何につけ量が多いお国柄なんですよ。

●バーは一人で出掛けて出会いを求める場である。(男性/47歳)

友達同士で出掛けたりはしないんですかね。

●ちょっとそこまで行こう、といってクルマに乗ってお店に着くまでけっこうかかる(笑)。(男性/31歳)

アメリカは車社会ですからね。

●アメリカで外食して、ビールとか飲んでるのに運転して帰ることが多い。飲酒運転にはならないのかなぁ。(男性/35歳)

飲酒運転になるんでしょう。ただ捕まらないのでしょうね。そういえばアメリカで飲酒検問とかあまり見たことないですよね。日本では盛んにやっておりますけれども。

いかがだったでしょうか。アメリカで外食をしたことのある皆さんは「あるある」と思っていただけたでしょうか。
あなたは、アメリカで外食した際にどんな経験をしましたか?

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]