お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

「最近、頭薄くなったね」「小さい男」彼を怒らせてしまった“うっかり発言”

彼との仲が深まれば、いい意味で緊張感が和らいでくるもの。でもときには気が緩み過ぎて、うっかり彼を怒らせるような発言をしてしまうこともありますよね。今回は女性のみなさんに、彼を不機嫌にさせた「うっかり発言」を教えてもらいました!

■ほかの男性の話はNG?

・「『元カレと来たことがある』とうっかり口を滑らせて、不機嫌にさせてしまった」(28歳/不動産/事務系専門職)

・「友人は元カレの名前で呼んでしまって怒られたらしい」(25歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『○○ちゃんの彼は○○できるんだってー、すごいねー』と友人の彼のことを話していると機嫌が悪くなったことがあります。その後は人の彼をほめるような話題は避けるようにしています」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「会社の上司の話が興味深くておもしろいという話をしているとだんだんと機嫌が悪くなって、最終的には怒っていた。その上司は彼と同じぐらいの年齢で、仕事の内容も似ていたので、何となくその上司のほうが優れているように聞こえて怒ったらしい」(27歳/食品・飲料/事務系専門職)

女性だって、彼がほかの女性の話ばかりしたら「おもしろくなーい!」という気分になるもの。ほかの男性の話題はほどほどにしておくのがよさそうですね。

■生活習慣のちがいは争いのもと?

・「『ちゃんと片づけをしろ』と言ったらキレられた」(31歳/ソフトウエア/秘書・アシスタント職)

・「友人は『食べ方が汚い!』と言ってしまったらしい。かなり怒られたそうです」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「『家事をしない』と言うと必ず怒る、共働きの家事の分担を巡って争いが起こることが多い」(30歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「夜食を食べようとした彼に『だから健診で引っかかるんだよ』と言ったら怒ってしまった。その後は、注意の仕方を変えることでお互い良好に過ごしている」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

彼とのちょっとした生活習慣のちがい。そこが原因の小さな戦いは「あるある!」という人も多いと思います。でも、小さなころから身についてしまっている習慣は、なかなか治らなかったりもするんですよね……。

■見た目のことは言っちゃいけない!

・「冗談で『変な帽子』と言ったら怒って帰ってしまった!」(24歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「眼鏡をかけていた彼に、『ダサいから眼鏡を外しなよ』と言ったらキレられた。そのあとは私が平謝りした」(27歳/金融・証券/営業職)

・「彼に『かわいい』と言って機嫌を損ねた友人がいるが、女性側としては褒めているつもりなので難しいと思う」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「知人は彼を怒らせてしまった発言について、『最近、頭薄くなったね』という言葉で、怒らせてしまったと言っていました」(28歳/その他/その他)

軽い冗談のつもりでも、やっぱり女性から容姿のことをからかわれたらいい気分はしないもの。男性のプライドはいじっちゃいけないのです。

■取り消せない火ダネ発言

・「すごいイライラしていたときに、励ましてくれた彼に『ウザい』と言ってしまった」(28歳/情報・IT/営業職)

・「仕事が忙しくて大変なときに疲れたアピールをしてくるので、『私のほうが大変だ』と言ったらすねた。自分のほうがすごい仕事をしていると思っているらしい。男性はプライドの生き物だと思った」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「彼が働かないので、『あなたの人生はくだらないね』と言ったら、怒らせてしまった」(32歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「『小さい男』とつい言ってしまったら怒ってしまった」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「自分と結婚するために自分の夢を諦めてくれたのに、転職した先のお給料を『案外少ないんだね』と言ってしまった」(31歳/その他/その他)

うかつなひと言、怒りにまかせた感情的な発言は、やっぱりトラブルのもと。気持ちのコントロールが効かないときは、口に出す前に深呼吸をして、冷静さを取り戻すのがいいかもしれませんね。

ふたりの間に緊張感が少なくなってくると、どうしても「うっかり発言」が出てしまうもの。そうならないためにも、お互いを大切に思う気持ちを大事にしていきたいですね!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年2月にWebアンケート。有効回答数272件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]