お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

初デートの日に上司から呼び出し。デートに行く?上司のもとに行く?―「上司のもとに行く」51.1%

「仕事と私、どっちが大事なの?」なんて、男性なら言われたくないし、女性だって言いたくないもの。しかし上司からの呼び出しなら、いくら休日とはいえ対応するべきなのでしょうか。男性はこんなとき、どう対処するのが普通なの?

【ウソだと思うデートのドタキャンの言い訳1位「仕事が入った」】

 男性に聞いてみました。

Q.初デートの日に上司から呼び出しがあったらどちらに行きますか?

「デートに行く」48.9%
「上司のもとに行く」51.1%

■初デートなら、デートを優先するのがポリシー

・「あまり仕事のみ優先する人生は送りたくないから」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「休みの日には上司の呼び出し、デートでなくても断ります」(34歳/機械・精密機器/営業職)

・「初デートは男性がリードしなければならないものであり、食事などはお店の予約をしているもの。ドタキャンは彼女にもお店にも申し訳ないことなので、デートを優先する」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

いくら上司とはいえ、プライベートには絶対に口出しさせない!と、心に決めている男性もいました。誰しも緊急性のない呼び出しに翻弄(ほんろう)されるより、充実した人生の方を取りたいものですよね。ただし、それなりのリスクと覚悟は必要ですが……。

■緊急性のある呼び出しなら、悪いけれど上司の方へ

・「呼び出しの内容によって変わるが、仕事だったら、上司のもとに行く」(37歳/情報・IT/技術職)

・「仕事で重要な呼び出しかもしれないから。彼女には申し訳ないけど、日をずらしてもらう」(22歳/商社・卸/技術職)

・「緊急の仕事なら、そう伝える。それでダメになる関係なら長続きもしない」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

呼び出しの内容によっては、仕事を優先しなきゃならないことも。それを理解してもらえない彼女なら、残念ながらそれまで……なんて、厳しい意見を持っている男性もいました。こんなケースの場合、デート・キャンセル後のフォローが恋を左右しそう!

■上司から呼び出される可能性があるなら、こんな気遣いもあるとGOOD!

・「あらかじめそういう可能性がある事を、彼女にも伝えておくと思うので。ただしあまりに意味の無い・明らかに変わりの効く呼び出しなら、断ってデートへ行く」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

事情はあれど、初デートをキャンセルされると、やっぱりへこむものですよね。「そういう可能性があるんなら、前もって言ってくれればよかったのに……」なんて言われないためには、やっぱり前もっての報告はできるならほしいもの。

■デート中は、「仕事の電話は取らない」のが常識?

・「そもそも呼び出されるような状況を作らない(電話を取らないなど)」(25歳/情報・IT/営業職)

・「デートが週末だと仮定して、そんな週末に電話で呼び出すような上司にはついていきません」(33歳/通信/事務系専門職)

せっかくの休日を台無しにするような仕事にはつかないし、上司にもつかない。そんな決意を固めて仕事を選んでいる男性もいるとか。できるならこれが一番いい!方法ですが……。悲しいかな、そんな運に恵まれない人も、現実的には多いかもしれません。

■仕事は一生、デートは?

・「仕事の方が大事だから。それをわからない彼女とは付き合わない」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「仕事は一生の事なので、そちらを優先する」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「デートは仕事で用事があると言えばいいけど仕事は通用しないので」(29歳/建設・土木/技術職)

仕事につくために苦労した人なら、なかなか上司の呼び出しを安易には断れないもの。デートをキャンセルは取り返しができても、仕事のキャンセルは一生に響く可能性が。それを思うと、つらくてもデートを後回しせざるを得なくなることもあります。

誰だってデートか仕事か、自由に選んでいいとなったら「デート」を選ぶ人がほとんど。それでも仕事を選ばなきゃいけないことが、男性にはあります。女性がちょっぴり大目に見てあげなきゃならない部分も、もしかしたらあるのかもしれませんね。

ただし、その代わりフォローはきっちりお願いしますね!

※マイナビウーマン調べ(2014年2月5日~13日にWebアンケート。有効回答数217件。社会人男性)

お役立ち情報[PR]