お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

アップルから車とiPhoneをつなぐ車載システム『CarPlay』発表

アップル社はiPhoneを車のスクリーンと直接つなぐシステム「CarPlay(カープレイ)」を発表。日本の自動車メーカーを含む世界中ほとんどの自動車メーカーがこのシステム搭載を予定しています。

【眼科専門医に聞く。スマホとパソコンではどちらが目疲れがひどい?】

アップル社によれば、すでに車載されているナビ用画面にiPhoneをつなぐことが可能となり、ハンドルについた操作ボタンやタッチスクリーンなど従来の画面操作方法、または音声操作で電話をかけるだけでなく、音楽を聞いたり、メールのやりとり、地図へのアクセルなどが自由自在にできるようになります。

CarPlayは現在開催中のジュネーブモーターショーでフェラーリ、メルセデスベンツ、ボルボのモデルに搭載されデビューを飾っています。さらに、BMWグループ、フォード、GM、ホンダ、ヒュンダイ、ジャガー/ランドローバー、起亜、三菱、日産、プジョー、シトロエン、スバル、スズキ、トヨタも近々このシステムを搭載したモデルを発売していく予定だといいます。

CarPlayの使用にはiOS7の更新が必要で、対応可能機種はiPhone 5s、 iPhone 5c、 iPhone 5となっています。

たとえば、音声ガイド機能Siri(シリ)を作動すれば、運転中もハンドルから手を離すことなく、着信したメールを読み上げさせたり、返信メールを書かせたり、インターネットで調べごとをしたり、iPhoneのカレンダーに予定を書き込んだりもできちゃうのです。

ただ、誰もが当たり前にスマホを持つようになった現在、こういったスマホとクルマを直接結ぶシステムの普及が進めば、ナビゲーション会社は大困り。何十万円もするオプショナルで提供しているインフォテイメントシステムは近い将来ほぼ骨抜き状態になってしまうかも知れません。

スマホの普及でこれからどんどん世界が便利に変わっていくようです。

参考:CarPlay: So erobert Apple jedes Auto
http://www.focus.de/auto/ratgeber/unterwegs/fast-alle-autobauer-nutzen-apple-software-carplay-so-erobert-apple-jedes-auto_id_3655767.html

お役立ち情報[PR]