お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

“数学”も芸術を見た時と同じ「美しい」感情を呼び起こす―英大学研究

数学嫌いにはとても信じられない話ですが、数学の方程式でも芸術に触れたときのような”美しい”という感情を脳に呼び起こすことが新しい研究で明らかになったのです。

【ママ必読!積み木が得意な子は数学も得意になる 米研究結果】

ロンドンカレッジ大学の神経生物学研究所が、15人の数学者に60の方程式を見てもらいその時の脳の活動を観察しました。数学者たちにはそれぞれの方程式を“美しい”か“醜い”と思うか判定してもらったのですが、“美しい”と思ったときは感情や感受性の受け口となるとなる脳の前頭葉の一部が活発化したのです。

人が“美しい”と思うと、前頭葉の一部が反応すると言われていますが、研究者いわく、数学の方程式も「偉大な絵画や音楽のように」その感情を起こすことができるといいます。

つまり、数学者は方程式を前に“感情的経験“をしているわけです。セミル・ゼキ教授は数学の美しさを理解するのに数学者である必要はないとも。数字アレルギーを持つ人間には説得力のない話に聞こえますが、興味のある方はぜひ今度方程式とにらめっこをしてみてはいかがでしょうか。

参考:’Beautiful’ Math May Make Us Emotional
http://www.newser.com/story/182243/beautiful-math-may-make-us-emotional.html

お役立ち情報[PR]