お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

気軽に通報できる「ドライブ・スルー交番」ーフランス

ファストフード店は、注文したものを短い待ち時間で受け取れ、1人でも、友達とでも気軽に入れるのが大きな魅力となっています。中でも車に乗ったまま注文から受取までできてしまうドライブスルーは、私たちの生活の中でなくてはならないものですよね。

【報奨金の上限はいくら? 警察の報奨金制度の仕組み】

そんなファストフード店の素敵な特徴の数々をなんと「警察署」にも応用しようと考えたすごい国がありました。その国とはフランスです。

「ポリス・ドライブ」と名付けられた小さな建物があるのは、フランスのリビエラ町。最初は障害を持つ人でも何かあったとき、気軽に助けを呼ぶことができるようにと設置されたインターホンだったのですが、一般の人も使えるようにと規則を変更したそうです。

車を運転しながら、ポチッとインターホンを押し、気になることや、通報したいことなどをおまわりさんに言うだけ。わざわざ車を降りて、面倒な書類に名前やら住所やらを記入する必要もない画期的なシステムなのです。

この「ボリス・ドライブ」を導入することにより、犯罪に関する情報量が増え、犯罪自体が減少するのではないかとフランスの警察機関は期待を持って、今後の経過を見守っていくそうです。

交番をドライブスルーにするなんて、なんとも斬新でスマートなアイデアですが、実際に犯罪が減少したなら、フランス以外でも導入される国が増えてくるかもしれません。

日本でも、ドライブスルーの交番が当たり前になる日が来るかも!

French police introduce drive-through police stations for people to report crime (except car theft, presumably)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2565099/French-police-introduce-drive-police-stations-people-report-crime-except-car-theft-presumably.html

お役立ち情報[PR]