お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

おむつ替えに20ドル―アメリカで、夫の育児に謝礼する妻が話題

「新婚の頃は積極的に家事をしてくれたのに、最近は子供の面倒もなかなか見てくれなくて、喧嘩が増える一方……」と、思わずつぶやいているあなた!実はお金が、その悩みを解決してくれるかもしれませんよ。

【育児ママたちの「2013年の流行語」、1位は「ギャン泣き」 ーサイバーエージェント調べ】

アメリカで、ある夫婦が子育てを潤滑に進めるために始めた秘策が話題になっています。その内容は、なんと、お金を払って子育てをしてもらう、というもの。時は金なり、と言いますが、育児にお金を支払う、という突飛な方法……あなたは納得できますか?

アメリカのポートランドに住むベタニー・ソールさん(32歳)と、その夫ダニー・リーヴスさん(38歳)は、2人の子供に恵まれ、幸せに暮らしていますが、その方法は一風変わったもの。お互い家事や育児をすると報酬がもらえる、というのです。

夫婦が決めた金額は、子供の面倒を1時間見ると24ドル、夜のおむつ替えには20ドル……。子供の歯磨きを手伝ったり、寝かしつけるための絵本読みなど、1個1個に決まった金額が設定されているため、ベタニーさんが夫におむつ替えをしてもらう場合は、いつも20ドルを支払っているそう。

ただ、支払うのは常に妻、というわけではないのが、夫婦が円満でいられる秘訣のよう。というのも、ベタニーさんが育児休暇を取ったとき、ダニーさんがベタニーさんに支払った金額は、なんと3万ドル(約307万円)!お金ですべてを解決するのは、ちょっと悲しいような気もしますが、お互い納得がいっているなら、喧嘩を避ける良い方法かもしれません。

ただこれは、共働きの夫婦だからこそできること。何も言わなくても、家事や育児に協力してくれる夫が、一番の理想ですね!

参考:Etats-Unis – elle paie son mari pour faire les taches menageres
http://www.grazia.fr/societe/news/etats-unis-elle-paie-son-mari-pour-faire-les-taches-menageres-619250

お役立ち情報[PR]