お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

幸せじゃない結婚生活はあなたの心臓を傷つける「冠動脈の石灰化」―研究結果

恋愛をする時にあなたの健康に悪い事ってどの様な事だと思いますか?毎週ステーキ屋で肉ばかり食べるなんて序の口です。実は、恋愛をすることがあなたの心臓に悪影響を与えているかもしれないのです!

【幸せを「選ぶ」8つの方法「笑顔」「瞑想」-米研究】

心理学の研究で、結婚生活に不満があり、パートナーから十分なサポートが得られていないと考える人は冠動脈の石灰化を促進させ、本当に心臓に悪影響を及ぼすというとても怖い事が発見されました。

研究者は、136組の既婚者の冠動脈の健康状態を計り、結婚生活への満足度も測定されました。満足度を測るアンケートでは特に「パートナーから十分なサポートを貰えているか」ということに焦点が当てられていました。

その結果、パートナーが自分の事をサポートしてくれていないと男女とも思っている場合、冠動脈の石灰化がとても高いと言う事がわかったのです。また、「彼/彼女があまりサポートをしてくれない」と感じるカップルはなんと70%にも及んでいます。

つまり、ほとんどの人が冠動脈の石灰化危険ゾーンにあるという結果だったのです。

冠動脈の石灰化と夫婦間のサポート率がどのように関係しているのかと言う所までは今回の研究だけでは判断できないみたいです。しかし、パートナーから支えられていないと感じるとストレスが溜まり、それが心臓病のリスクを高める事へと繋がっているのだと研究者は考えています。

心臓病にならない為にも、夫婦間でのサポートと愛はとても大切なのですね!

参考: The relationship habit that’s bad for your heart
http://www.womenshealthmag.com/sex-and-relationships/healthy-relationship-healthy-heart

お役立ち情報[PR]