お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

先輩の扱い方がウマイ人の行動とは?「すれ違うたびにあいさつ」「年上なら誰でも『先輩』と呼ぶ」

先輩との上手な関係を築くためには、それなりのテクニックが必要になることもあるはず。相手の性格を見極めたうえでそれらを行えば、普段からの付き合いもスムーズになるだけに積極的に取り入れたいところですよね。そこで今回は社会人の男女にアンケートをとり、身の回りでウマイと感じた先輩の扱い方を教えてもらいました!

【仕事白書「先輩に勝った! と思った瞬間」】

Q.あなたの身の回りの人で、上手だと感じた先輩の扱い方を見たことはありますか?

ある 11.8%
ない 88.2%

■よいしょよいしょ!

・「なんでもすぐほめる、おだてる」(35歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「よいしょが嫌みでない」(31歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「イエスマン。絶対逆らわない」(34歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

「よいしょする」という回答は多かったです。やはり持ち上げられて嫌な気持ちになる人はほとんどいないでしょうから、相手を選ばずお互いの関係を縮めるテクニックと言えそうですね。

■相手を知り尽くしてるからこそできるワザ

・「話が長い先輩なので、話しながら距離をとってうまく部屋から『じゃー』と言って出ていく」(43歳男性/情報・IT/技術職)

・「先輩の言う事に対して、常に相づちをして、大きく同意して、先輩を気持ちよくさせていた」(32歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「『僕もそう思います』と常にかぶせる」(29歳男性/電機/技術職)

相手の機嫌を損ねずに会話を盛り上げながらも、切り上げ方もあやつれるとなれば、お互いにとっていい関係を築けそうです。敵を作らないような会話の仕方がポイントかもしれませんね。

■アピールしまくりでリスペクトな印象を

・「笑顔で対応する。相手も和やかになる」(32歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「すれ違うたびにあいさつをしていた。しつこいかもしれないけど、それで仲良くなっていた」(22歳女性/自動車関連/営業職)

・「年上なら誰でも「先輩」と呼称するやつ。言われた方も違和感を覚えつつも悪い気はしないので、結構かわいがられてます」(45歳男性/マスコミ・広告/クリエーティブ職)

かわいい後輩だと思ってもらえば、おごってもらったり普段からよくしてもらったりと何かと得をする機会もありそうです。気前のいい先輩ならなおさら、印象をよくしておきたいですね。

■甘え上手でスミマセン

・「わからないフリをして結局仕事をやってもらう人」(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「たてて、いい顔して、自分の希望も通す」(23歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

自分の仕事をちゃっかり先輩にまかせてしまうほどとなれば、かなりのやり手かもしれません。仕事場以外のシーンでも何かと使えそうですね。

今回は後輩だからこそできるワザもあれば、相手に関わらず使えそうなワザもみられました。ぜひあなたもこれらテクニックを駆使して、先輩をうまく扱ってみてはいかがでしょうか。

※マイナビウーマン調べ(2014年2月8日~13日にWebアンケート。有効回答数535件。社会人男性・女性)

お役立ち情報[PR]