お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

真四角なモノといえば、何をイメージしますか?1位「折り紙」

「正方形」とは、4つの角がみんな直角で、4つの辺の長さがみんな同じ四角形のこと。それまではただの”四角”だったものが”正方形”として認識させられたのは、小学校2年生でした。今回は、真四角なモノといえばイメージするアイテムを、544名の読者に聞きました。

【ガラス製品? 丸いクッション? 今すぐ取り入れたい風水グッズ】

子どもの頃から慣れ親しんでいるモノがランクインしています!

Q.真四角なモノといえば、何をイメージしますか?(複数回答)
1位 折り紙 53.7%
2位 ハンカチ・スカーフ 21.5%
3位 食パン 12.9%
4位 ルービックキューブ 11.6%
5位 方眼紙 10.1%

■折り紙

・「正確な四角で、子供の頃からなじみがあるから」(31歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「折り紙は真四角でないとその用途をなさないので。ほかのものは四角いけれど真四角であることが必須ではないと思うので」(30歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「真四角な紙があると、ついつい鶴を折ってしまうので」(30歳女性/小売店/秘書・アシスタント職)

■ハンカチ・スカーフ

・「考えてみればハンカチって、意外に形のバリエーションがないですね」(45歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「白いハンカチが思い浮かんだ」(24歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「ハンカチは真四角じゃないと畳みにくいから、すごくいい形だと思う」(22歳女性/自動車関連/営業職)

■食パン

・「毎日お世話になっている」(24歳男性/医療・福祉/専門職)
・「食パンは四角がすきです」(34歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「日本の食パンは真四角。でも海外はいろいろな形がある」(31歳男性/金融・証券/専門職)

■ルービックキューブ

・「四角といえば、ルービックキューブかな。めちゃ苦手だけど!」(27歳女性/商社・卸/営業職)
・「四角でないルービックキューブをみてみたい」(22歳女性/団体・公益法人・官公庁)
・「子供のころはまって毎日必死にやってました」(37歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)

■方眼紙

・「方眼紙は四角じゃなかったら使えないと思うんですが……」(34歳男性/機械・精密機器/営業職)
・「方眼紙は算数の授業で嫌と言うほど真四角だと習ったから」(27歳女性/生保・損保/販売職・サービス系)
・「数学のノートにはこれを使っていた。グラフとかきれいにかけて気に入ってた」(35歳女性/自動車関連/事務系専門職)

■番外編:形は真四角でも味はまぁるくっておいしい

・インスタント焼きそば「なんで四角なのか気になったので」(26歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・チロルチョコ「チロルチョコは四角で変わらない」(27歳女性/医療・福祉/事務系専門職)
・はんぺん「はんぺんはおでんに入ってふくらんでも真四角だなぁとおもったので」(41歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

●総評
トップは「折り紙」でした。これぞ、ザ・真四角といえるでしょう。定番の折鶴は、17世紀初めに出版された本の挿し絵に描かれていたそうで、長い歴史があるのですね。現在は、世界中の多くの国で「origami」という言葉が通用するほどメジャーになりました。

2位は「ハンカチ・スカーフ」。公共トイレにハンドドライヤーが設置されていることが多くなったので、ハンカチを持ち歩かなくなった人も多いのでは? ちなみに、”ハンカチ王子”で日本中にフィーバーを巻き起こした斎藤選手のハンカチはブルー。

持ち歩かない人が多い中で、ブルーのハンカチが人々の目に鮮烈に焼き付いたのかもしれませんね。

3位は毎日の朝食に欠かせない「食パン」。日本に初めて伝わった食パンはイギリス式の山型だったそうですが、現在はアメリカ式の角型の方がスタンダードですね。焼き型にフタをしないで焼くと山型で、ふんわりしています。

フタをして焼くと、身がしまってしっかりとしているので、角型の方がサンドウィッチに向いているわけですね。

食パンのほかにも、昔から馴染みのある真四角な食べものは意外とあります。番外編でピックアップしました。真四角でなくてもよさそうなモノですが、ずっと真四角だからこそ、多くの人に親しまれてきたのかもしれません。

(文・OFFICE-SANGA 関和麻子)

調査時期:2014年2月13日~2014年2月18日
調査対象:マイナビウーマン読者
調査数:男性207名、女性337名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]