お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

「女性が活躍しています」という会社の女性の割合はどのくらいが多数派?「41~50% 23.2%」

求人広告では、「女性が活躍しています」というコピーをよく見かけますよね。自分にもチャンスがあると期待したいところですが、実際の女性の割合はどのくらいなのでしょうか。読者629名に聞きました。

【【女子感覚】義理だと感じるお土産の金額「301円~500円 22.6%」→「自分が義理で買う値段のため(27歳)」】

Q.「女性が活躍しています」という会社の女性の割合はどのくらいだと思いますか?(単一回答)
1位 41~50% 23.2%
2位 31~40% 23.1%
3位 21~30% 14.3%
4位 61~70% 6.4%
5位 71~80% 3.7%

■41~50%

・「半数といわないまでも、それに近いくらいの数字は目指してほしい」(28歳女性/自動車関連)
・「50%程度だったら、女性が働くのにハンディがないと認められる」(44歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)
・「しっかり会社を支えているという感じがするので」(29歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)

■番外編:実際に女性が活躍している現場も多数

・81~90%「医療福祉では当たり前」(32歳女性/医療・福祉/専門職)
・71~80%「エステとかな気がする」(31歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・61~70%「半分以上が女性だと社内で過ごしやすいから。女性目線で整理整頓されていたり、意見が通りやすかったりすると思うから」(25歳女性/金融・証券/事務系専門職)

男女比がだいたい同じくらいであれば、女性が活躍しやすい環境だと感じるようですね。単純な人数だけではなく、管理職の女性の割合も気になるという声も多数。上を目指してがんばっている女性が多いことがうかがえました。

調査期間:2014/2/5~2014/2/13
有効回答数:男性226名、女性403名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]