お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

裸にガスマスク?中国の大気汚染がヒドすぎて恒例の「裸マラソン」にガスマスク登場

真冬に行われる恒例行事と言えば、マラソン大会でしょう。日本だけではなく、マラソン大会を開催している国は世界中にあります。たとえばお隣の中国。中国では毎年この時期に恒例の「裸マラソン」を開催しています。

【大気汚染は、胎児の発育にも影響「低体重の原因に」―スペイン研究】

男性限定で、極寒の中を上半身裸で走るというものです。「真の男」を見ることができる大会として老若男女問わず多くの人が男たちを沿道から見守り、応援します。

ところで、中国の大気汚染の凄まじさを読者のみなさんは耳にしたことがありますか? 中国の工場密集地では数えきれないほど多くの工場が稼働ていて、それにも関わらず汚染対策をとっていないため、健康に深刻な影響を及ぼすほど大気が汚染されています。

昼間でも車がライトをつけなければならないほどの見通しの悪さは、健康だけではなく安全面も懸念されています。

裸マラソンが行われた北京では、2月24日から5日間続けて周りにもやがかかったようなスモッグが発生し、汚染状況は最悪な状態に達しました。

そんな中でも実施されたマラソン大会では、多くの参加者がガスマスクを着用して走るという事態に。

事態の早期解決を願うばかりです。

China’s ‘naked’ fun run disrupted by dangerous ‘orange’ level smog alert as runners don gas masks to help breathing
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2566775/Chinas-naked-fun-disrupted-dangerous-orange-level-smog-alert-runners-don-gas-masks-help-breathing.html

お役立ち情報[PR]