お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

もし、子供に戻れるならどの時代に戻りたいですか?1位「小学生:算数を1からやり直して、理系になりたい」

過去には、二度と戻れない……。それでも、「もしもあの頃に戻れるなら……」なんて思ったことはありませんか?そこで今回、「もしも子供に戻れたら?」というアンケートを実施。どの時代に戻って、どんなことをやり直したいか、働く男女の本音に迫りました。

【あの人ならがんばれる!? 教師役を演じてほしい女性芸能人「保健の先生が壇蜜だったら……」】

Q.もしも、子供の頃に戻れるならどの時代に戻りたいですか?

赤ちゃん 9.9%

幼稚園児 7.1%

小学生 17.8%

中学生 15.1%

高校生 16.3%

大学生 11.6%

新入社員 0.8%

戻りたくない 21.5%

■人生を大きくやり直せる……「小学生」

・「算数を1からやり直して、理系になりたい」(28歳女性/情報・IT/営業職)

・「人生をやり直せる位置だから」(30歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「ここからやり直したら、そこそこコミュニケーション能力とか変わっていそう」(24歳女性/情報・IT/技術職)

「何も考えず、遊んで過ごしていたあの頃に戻りたい」という声がある一方、「どうせなら小学校までさかのぼって、全部一からやり直したい」と思う人も。確かに、勉強の基礎はもちろん、性格や社交性なども、この頃から本格的な形成が始まりそうですからね。

■青春をもっと謳歌(おうか)したい……「中学生」

・「もっと勉強して違う高校に行きたい」(34歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「当時好きだったミュージシャンを、もう1回追いかけたい」(24歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「好きな人に告白」(28歳男性/情報・IT/技術職)

恋に、遊びに、部活に、勉強に。さまざまなことに対して、青春真っ盛りの中学時代に「もっと全力を出せばよかった」という後悔の声が多数。中学生が「一番楽しかった」という回答も多く、それだけに「もっといろいろできたはず」という思いに駆られやすいのかもしれません。

■進路設計をもっと真剣に……「高校生」

・「進路と就職はよく考えて選ぶように、努力するようにやりなおす」(33歳女性/小売店/クリエーティブ職)

・「勉強でつまずいたのがそのあたりなので。もっと頑張って勉強していい大学に行って留学したい!」(26歳女性/金融・証券/営業職)

・「間違った道を思いとどまるように」(31歳男性/自動車関連/技術職)

中学生と比べて、より「進路」を強く意識するようになる高校生。自分の人生のために「もっと真剣に考えて行動すればよかった」と振り返る人も多いよう。特に、就職につながる「大学受験」のやり直しを希望する意見が目立ちました。

「今からでも遅くはない!」ということもたくさんあるでしょうが、やっぱり「あのとき、ああしておけば……」なんて考えてしまうこともありますよね。さて、自分がもしも子供に戻れるとしたら、あなたはいつに戻って何をやり直したいですか?

※マイナビウーマン調べ(2014年2月8日~13日にWebアンケート。有効回答数535件。社会人男性・女性)

お役立ち情報[PR]