お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

ウマイな!と思った上司からプライベートの誘いの断り方「同窓会がある」

「今晩、どう?」なんて、上司からプライベートのお誘いを受けたとき。ニコニコしながらも、内心は「勘弁してよ……」と思うこともありますよね。そんなとき、どんな断り方がスマートなのでしょうか。今回は、身の回りの人で「ウマイ!」と思った上司の誘いの断り方を、働く男女に教えてもらいました。

【デートに誘いたい? 誘われたい?】

Q.あなたの身の回りの人で、ウマイと思った、上司からのプライベートの誘いの断り方を見たことはありますか?

ある 7.5%
ない 92.5%

■よくありそうな用事を理由に断る

・「同窓会がある」(30歳男性/商社・卸/営業職)

・「『歯医者の予約しているので……』と断ってた」(28歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「『今日はクリーニングを取りに行くので』。さすがに上司も苦笑い」(24歳女性/情報・IT/事務系専門職)

相手に「うそくさいな」と思われない、ありがちな(そして外せない)用事を理由に断ること。これが一番波風が立たなくていいかもしれません。ただし、うそをつく場合はボロが出ないように!

■「家族」が絡むと、それ以上は誘いづらくなる

・「『家族の具合が悪いので』と言う。通常かかる回復までの数日間は断れる」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「実家から両親が来ている」(26歳女性/通信/販売職・サービス系)

・「『今日実家に戻るので』と言う」(29歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

家族と関わる予定を理由に断る、という方法。これもなかなか効果的ですね。特に、親が絡んでくると、上司も気が引ける(または、腰が引ける)よう。また、相手が既婚者であれば「ご家族に悪いですから……」と、さりげなくチクリとした一言を使うのもアリかもしれません。

■シングルしか使えない、奥の手!

・「今の彼女を逃したら結婚できないんです、先約が」(34歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「婚活をしている男性が『今日はこの前良い感じだった子との初デートなんです』と言ったとき」(28歳女性/医療・福祉/専門職)

彼氏・彼女のいない独身の男女だけが使える、奥の手。それが、「意中の相手とのデート」です。「今の人を逃したら結婚が遠のくんです」「このチャンスにかけているんです」など、恋愛に対する本気度の高さをアピールすれば、かなりの確率で上司も納得するはず!

<まとめ>

いかがでしたか?「いつも、上司の誘いをうまく断り切れない……」「毎回飲みに付き合わされるのは、もうウンザリ!」なんて方は、ぜひ上記の方法を参考にしてみてくださいね!

※マイナビウーマン調べ(2014年2月8日~13日にWebアンケート。有効回答数535件。社会人男性・女性)

お役立ち情報[PR]