お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

NARUTOのキャラクターになれるとしたら?「ナルトの口寄せの術を使ってみたい」

週刊少年ジャンプで連載中の、忍の世界を描いた漫画『NARUTO(ナルト)』。日本国内のみならず、海外にも熱烈なファンが多いのだとか。さて、そんな人気漫画で、特に人気の高いキャラクターとは? 今回、働く男女に、「NARUTOのキャラクターになれるとしたら?」と尋ねてみました。

【あのマンガの実写化は成功? 失敗?⇒「『のだめカンタービレ』はほぼイメージ通り」】

■火影を目指す主人公「ナルト」

・「なんだかんだ言ってみんなから慕われているので。口寄せの術を使ってみたい」(29歳男性/情報・IT・技術職)

・「螺旋丸をやりたいから」(28歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「お色気の術が使ってみたいから」(33歳女性/小売店/販売職・サービス系)

四代目火影の息子であり、九尾の人柱力でもある主人公の「うずまきナルト」。最初は落ちこぼれの忍だった彼が、徐々に力をつけて強くなっていく姿は、とても頼もしいですね。得意の「多重影分身の術」や、自来也に教わった「螺旋丸」など、使う術のインパクトも人気の秘密かも。

■ナルト・サスケ・サクラの先生「カカシ」

・「のんびりしたところもあるけれど、結構かっこいいから」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「千鳥を使いたい」(27歳男性/建設・土木/事務系専門職)

・「天才かつ写輪眼を使っていろんな技を使えるから。神威を使ってモノを消したい」(22歳男性/電力・ガス/事務系専門職)

第七班(カカシ班)の教官として、ナルト・サスケ・サクラを指導していた「はたけカカシ」。普段はのんびりとして全然強そうに見えないものの、実は弱冠12歳で上忍になった天才忍者。左目の「写輪眼」や必殺技の「千鳥」に、憧れる人も多いよう。

■カカシ班のくのいち「サクラ」

・「マドンナ的存在だから。医療忍術を使ってみたい」(23歳女性/医療・福祉/その他)

・「女の子らしさも持ちつつ、しっかりしてるから」(25歳女性/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

・「ナルトに突っ込んでみたい」(22歳女性/医療・福祉/専門職)

サスケに恋心を持ち、ナルトには手厳しい、ヒロインの「春野サクラ」。気性は荒い女の子ですが、成績優秀。綱手に弟子入りして医療忍術を学び、第二部では非常に頼もしい存在に。女性からの支持率は、かなり高いようです。

他には、遠くまで見通せる「白眼」を使えるヒナタや、頭脳明晰(めいせき)で「影真似の術」を使いこなすシカマルなども人気がありました。それに女性なら、年を重ねても見た目が老けない五代目火影・綱手にも、きっと憧れない人はいないはず! さて、あなたはNARUTOのどのキャラクターになってみたいですか?

※マイナビウーマン調べ(2014年2月8日~13日にWebアンケート。有効回答数535件。社会人男性・女性)

お役立ち情報[PR]