お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

自動車教習所でやってしまったミスやアクシデント1位「S字・クランクで脱輪してしまう」

自動車教習所で初めて車を運転したとき、ワクワク感と緊張が入り交じったはず。そんな中で車の操作を習うワケですが、意外と覚えることが多いですよね。慣れないことばかりでアクシデントが発生することも。そんな教習所での出来事を読者544名に聞きました。

【免許を持っていない男性、恋愛対象としてアリ?ナシ?「アリ52.5%」】

Q.自動車教習所でやってしまったミスやアクシデントを教えてください(複数回答)
1位 S字・クランクで脱輪してしまう 16.5%
2位 ウインカーとワイパーを間違える 12.5%
3位 アクセルを思いっきり踏む 10.7%
4位 バックをするときにハンドルを切る向きを間違えた 9.6%
5位 路上教習でエンスト 9.4%

■S字・クランクで脱輪してしまう

・「ありがちなミスを、まさか自分もやってしまうと思いませんでした」(33歳男性/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「これを仮免の試験の時にしてしまった」(27歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「正確にはT字ですが、卒業検定で脱輪して受け直すハメに……」(34歳男性/金属・鉄鋼・化学)

■ウインカーとワイパーを間違える

・「これは最初、何回もした」(31歳男性/金融・証券/専門職)
・「確か免許を取った後でやらかした気がする」(31歳女性/医療・福祉/専門職)
・「ウインカーとバンパーのミスは日常茶飯事」(22歳女性/団体・公益法人・官公庁)

■アクセルを思いっきり踏む

・「ブレーキとアクセルを踏み間違えたことはたくさんあります」(27歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「首が痛かったです」(26歳女性/電機/事務系専門職)
・「”もっと速度出して”といわれて、加減がわからずべた踏みした」(35歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

■バックをするときにハンドルを切る向きを間違えた

・「これは今もたまにある」(26歳男性/医療・福祉/専門職)
・「いまだにたまにやって、成長してないと思う」(36歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「どうしても逆に回すくせが抜けなかった」(24歳女性/小売店/販売職・サービス系)

■路上教習でエンスト

・「僕らの時代はマニュアル車しかなかったので、エンストはありましたね」(52歳男性/金融・証券/専門職)
・「後続車がいる交差点でエンストして、パニクってハザードランプつけて教官をじらせた記憶があります」(22歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「関係ないことを叫ばれびっくりした時に発生」(50歳男性/情報・IT/技術職)

■番外編:路上教習でトラブル発生!

・「卒業検定で信じられないくらいのゲリラ豪雨で、まったく前が見えずコースは変更になるし、どこを走っているのかもわからず、無事に帰ってきただけで検定に合格した」(45歳男性/電力・ガス・石油/技術職)
・「路上教習で、前後をお祭りのおみこしに挟まれた。どうしていいかわからなかった」(30歳女性/自動車関連/事務系専門職)
・「初めて路上に出た瞬間、反対車線を走り絶叫された。敷地内では2車線なかったからわからなかった」(28歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

●総評
1位は「S字・クランクで脱輪してしまう」でした。狭い教習所のこれまた狭いクランクでは、脱輪した人も多いはず。内輪差の感覚をつかむのもこのとき。教習所での第一関門です。2位は「ウインカーとワイパーを間違える」。

教習の初期段階では迷いますね。レバーの記号を確認しているうちに、ウインカーを出すタイミングを逃してしまうことも。

3位は「アクセルを思いっきり踏む」でした。運転で難しいのは「加減」。しかし、教官もそれを先読みしていて、常にブレーキを踏む準備をしています。教習所内だからこそ許されるミスですね。

4位は「バックをするときにハンドルを切る向きを間違えた」。免許取得後もよく間違える、というコメントが目立ちました。「バックは前進の逆」という認識から、逆にハンドルを切ってしまうことがあるようです。

自動車教習所はアクシデントの宝庫。車の操作だけではなく、教官やほかの車の動き、天候など、教習生はさまざまな対応を迫られます。運転に慣れてくると、待合室で盛り上がる話は「今日はどの教官?」。以前はどの教習所にも名物鬼教官がいたものですが、最近は優しい教官が増えているようですね。

(文・OFFICE-SANGA 秋田茂人)

調査時期:2014年2月13日~2014年2月18日
調査対象:マイナビウーマン読者
調査数:男性207名、女性337名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]