お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ひとりでいる人は強い「孤独でいるということは、生き残れるということ」

アメリカ、シカゴ大学の研究によって、「孤独」を感じることはそんなに悪いことではないとわかりました。

【壇蜜さんが「美顔造形」、メイク本表紙に!】

孤独を感じ、その辛さも悲しさもすべて吸収して生きて行ける人は、生き残るための強い遺伝子を持っているそうです。確かに孤独を知らずに突然、ひとりの状況に置かれたら、辛すぎて辛すぎて、もうやっていけないと感じるでしょう。

他のメリットとしては、意外にも身近な人との人間関係や団結力が強まり、社会的な信頼も得ることができるとのことです。

この法則を用いたところ、実は熱心なスポーツファンには孤独な人が多いということがわかりました。

好きな選手やチームを周りのファンと一致団結して、共に応援する姿勢は、「孤独」な人が持っている特徴なのだそうです。

誰かに優しくなれる、誰かを支えることができる、励ますことができる、協力できるこのような姿勢は、社交的な人の持つ特徴のように思われがちですが、実は孤独な人の特徴なのです。

表向きは社交的に見えていても、実は孤独な人は私たちの身近に案外多いのかもしれませんね。

そう考えれば、ひとりぼっちなのはあなただけではないと希望がわいてくるような気がしませんか?

孤独だからこそ持っているそのメリットを最大限生かして生きて行けば、どこかでそんな素敵なあなたを見ている人がきっといるはずです。

Why feeling lonely on Valentine’s Day could be GOOD for you
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2557941/Why-feeling-lonely-Valentines-Day-GOOD-you.html

お役立ち情報[PR]