お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ベーコンにこだわったレストラン「バー・ベーコン」がNYに登場!

アメリカでは、ベーコンをカリカリになるまで焼いて食べるのが普通で日本の柔らかいベーコンとはイメージが違います。アメリカ特有の乾燥したカリカリベーコンは、歯ごたえが良く、ハンバーガーや他の料理と合わせて食べると、ちょっと変わった風味になります。

【ベーコンが入れば何でもおいしくなるのは本当―調査結果】

NY界隈のレストランを何年も渡り歩いてきたシェフ、シャーマン氏は、全米の何百もの種類のベーコンを試した後、ついにベーコン専門である独創的な店をオープンしました。

気になるお勧めメニューには、シェフのその日のベーコンの出来具合で決まる5種類を盛り合わせたテイスティング(約1200円)。いったいどんなベーコン?というと、クルミのスモーク風胡椒味、シロップでおなじみのメイプル風味、メキシカン料理でよく食べるハルペニオ味(唐辛子)などとバラエティーなベーコンが盛りだくさんあるのです。

その他、カリカリベーコンをグリルドチーズ(チーズのホットサンド)にたっぷりはさんだものや、とても人気があるロブスターのベーコン巻きなど、読むだけでヨダレが出てきそうです。ハンバーガーやポークサンドイッチもありますが、デザートもベーコン入り!

シャーマンシェフは、デザートはまだまだ試作中と話していますが、ベーコン・ブラウニー(クルミ入りチョコケーキ)やクッキーやサンディもあります。また健康を気にする人には、ターキーのベーコンも用意しているという、シェフのベーコンへの熱意には頭が下がります。

ベーコン好きの人ならぜひ訪れたいレストランですね。

参考:Bacon Flights & More At BarBacon In Hell’s Kitchen
http://gothamist.com/2014/01/21/barbacon.php#photo-1

The pork of the town! The new all-bacon restaurant where New Yorkers are desperate to pig out
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2545522/The-pork-town-The-new-bacon-restaurant-New-Yorkers-desperate-pig-out.html#ixzz2rUYFrKpe

お役立ち情報[PR]