お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

社会人が思う!就活の面接でうそくさい自己PR1位「収入よりもやりがいが大事だと思います」

就活の面接では、採用されるために自分を大きく見せてしまいがち。色々情報も参考にして、好印象を与えられるように努力しますよね。それでも相手は面接のプロ。心ない発言は見抜かれているかもしれません。今回は面接でうそくさく感じる自己PRについて、社会人の読者717名に聞きました。

【アルバイト面接での失敗経験 3位「遅刻」、2位「身だしなみ」、1位は……?】

調査期間:2013/12/24~2014/1/6
有効回答数:男性270名、女性447名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

Q.就活の面接でうそくさいと思う自己PRを教えてください(単一回答)
1位 収入よりもやりがいが大事だと思います 22.3%
2位 海外に行って視野が広がりました 19.2%
3位 ボランティア活動から奉仕精神を学びました 16.6%
4位 実現までのビジョンが明確な企画を提案することができます 7.2%
5位 どんなに厳しい仕事も最後までやりとおします 6.6%

■収入よりもやりがいが大事だと思います

・「個人的に一番大切なのは収入だと思う」(21歳女性/小売店/事務系専門職)
・「やりがいだけでどうにもならない事情は絶対出てくるので」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「やりがいを求めるのは転職する人とか」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)

■番外編:自分を偽っていると思われがち

・海外に行って視野が広がりました「何をやってきたか聞いても、海外観光ぐらいだった人がいたので」(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)
・ボランティア活動から奉仕精神を学びました「就職活動のために、ボランティアをしている知人がいたので」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)
・お客さまの笑顔に喜びを覚えました「かなりの経験がないと言えないかも」(45歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

1位は「収入よりもやりがいが大事だと思います」でした。労働の対価としてお金をいただくのだから、それに見合わなければ不満が出るはず。きれいごとでしょ?と思われてしまうようですね。海外経験も、旅行程度なら言わないほうがマシ。

ありのままの自分を見せることが一番なのかもしれません。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]