お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

定型文ぽい不採用通知のフレーズ1位「厳正なる選考の結果、残念ながら採用を見送りました」

就職氷河期を経験した人なら、不採用通知をいくつも見てきたことでしょう。定型文とはわかっていても、本当にそう思っているのか疑問ですよね。自分の力不足だったとはいえ、定型文ぽい不採用通知のフレーズについて、読者717名に聞きました。

【脈がないと思うデートの断り方言葉1位「仕事が忙しくて」→「いくら忙しくても時間くらい作れる」(26歳女性)】

調査期間:2013/12/24~2014/1/6
有効回答数:男性270名、女性447名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

Q.定型文ぽい不採用通知のフレーズを教えてください(単一回答)
1位 厳正なる選考の結果、残念ながら採用を見送りました 23.1%
2位 選考結果に関する問い合わせには一切お答えできません 17.9%
3位 一日も早く貴方様のご希望されるお仕事にめぐり会えますように 12.7%
4位 一層のご活躍をお祈りいたします 12.1%
5位 応募者多数につきまして、書類により選ばせていただきました 5.3%

■厳正なる選考の結果、残念ながら採用を見送りました

・「その厳正なる中身がわからないから」(28歳男性/商社・卸/事務系専門職)
・「毎回その文面ばかりだったとき、嫌気がさしてきたから」(32歳女性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「以前に厳正なる選考をすると言った翌日に残念ながら……という連絡が届いた。厳正なる選考というフレーズを使いまわされても……と思った」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/技術職)

■番外編:自分のことを棚にあげてしまいますが……

・応募者多数につきまして、書類により選ばせていただきました「書類だけですませるのが許せない」(25歳女性/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)
・一層のご活躍をお祈りいたします「もう縁が切れているというのに、何を一層のご活躍なのだ、と、学生の時は思いました」(28歳女性/ソフトウェア)
・一日も早く貴方様のご希望されるお仕事にめぐり会えますように「だからお前のとこを選んだんだろうが!!!と言いたくなる」(21歳男性/金融・証券/営業職)

1位は「厳正なる選考の結果、残念ながら採用を見送りました」でした。選考理由教えて欲しいと感じる模様。自分が悪いとはわかっていても、切羽詰まるとちょっとした表現にも反応してしまいます……。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]