お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

年賀状を出さなかった苦しい言い訳1位「今はメールが主流でしょ」

年賀状を出していない人から届くと気まずいですよね。場合によっては、顔を合わせる方が先になってしまうことも。年明け早々、そんな思いをした人はいませんか? 今回は、年賀状を出さなかった苦しい言い訳について読者717名に聞きました。

【ウソだと思う食事を残した人の言葉1位「とてもおいしかった」→「残す理由がわからない」(35歳女性)】

調査期間:2013/12/24~2014/1/6
有効回答数:男性270名、女性447名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

Q.年賀状を出さなかった苦しい言い訳を教えてください(単一回答)

1位 今はメールが主流でしょ 17.9%
2位 どうせ会うからいいじゃん 14.6%
3位 喪中なんだ 11.7%
4位 もはや古い風習だよね 10.7%
5位 寒中見舞いを出すつもりだったんだ 8.9%

◇今はメールが主流でしょ

・「面倒なだけでしょう」(25歳女性/機械・精密機器)
・「会社関係の方がメールでの新年の挨拶が多いような気がします」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)
・「とはいっても、はがきでもらったら返すべき」(28歳男性/医療・福祉/専門職)

◇番外編:心がこもっていない

・経費削減「そういう問題じゃないでしょ!」(24歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・どうせ会うからいいじゃん「はっきりもう出さないと言えばいいのにと思う。こっちだってそんな人には出さないし」(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)
・紙がもったいないから「紙じゃなくて切手代をケチった気がする」(29歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)

■まとめ

1位は「今はメールが主流でしょ」でした。確かにその通りとは思うものの、そのメールすら届かないことから送る気がないと思っているようですね。年賀状をもらったのに挨拶をしそびれてしまった人は、寒中見舞いなどでフォローしたほうがいいかもしれません。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]