お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ドイツ発「おならで火事?引火して、屋根が焼け落ちる」

おならで火事?「まさか!」と声をあげる人もいるでしょう。

【ドイツ人のビール離れ―「ビールよりもコーヒーのほうがお好き」】

独ヘッセン州のラースドルフにある牛舎で飼育されていた90頭の乳牛がおならとゲップをし、体外に排出されたメタンガスが引火。牛舎内の屋根が損傷するという事件がありました。

実は牛が排出するメタンガスというのはかなりの量で、環境保護団体から「牛のゲップやおならが地球の温暖化にも悪影響を与えている」と指摘されているほどです。そんな牛が90頭も狭い小屋でおならやゲップをすれば、メタンガスが充満しても不思議ではありません。

消防士やガス検査士が調査したところ、大量のメタンガスが測定されました。地元の警察は牛舎内にあった牛用のマッサージ機から静電気による火花放電が起こり、炎が一気に噴出したと推測されています。

牛舎の屋根が破損し、乳牛一匹が軽い火傷を負いましたが、他の牛は無事だったようです。

参考:Kuhe pupsen und rulpsen ihren Stall in Flammen.
http://www.focus.de/panorama/welt/rasdorf-methangas-milchkuehe-massage-maschine-kuehe-pupsen-und-ruelpsen-ihren-stall-in-flammen-4_id_3572829.html

お役立ち情報[PR]