お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

1万円の遺伝子解析「ヒトの祖先とは別種のネアンデルタール人の遺伝子割合も分かる」

2013年10月、99ドルでできる遺伝子解析サービスが報じられた。日本円にして約1万円、自宅でも受診できるというから、話のネタに受けてみようと思う人も多いだろう。

【子作りは慎重に!「パパの肥満」が赤ちゃんの遺伝子に影響すると判明】

遺伝子解析を受けると何がわかるのか? 将来かかる病気を知れれば、早めに対策して健康に暮らせるかと思ったが、治せない病気や変えられない過去まで知ることになり、落ち着かない余生になりそうだ。

■32億個の記憶

99ドルの遺伝子解析は、アメリカの「23アンド・ミー」社のサービスで、自宅に届けられるキットに自分の唾液(だえき)を入れて返送するだけの手軽さが売りで、4~6週間後には結果が出るスピーディーさも魅力だ。

そんなに簡単にできるなら、なぜ以前は存在しなかったのか?これは科学の進歩、とりわけコンピューターの性能向上と表現できる。ヒトは莫大(ばくだい)な数の遺伝子を持っているため、解析するコンピューターの性能が、結果が出るまでの時間に直結するからだ。

ひとことで遺伝子と呼ばれているものの実際は多重構造で、染色体→DNA→塩基と分解しながら説明しよう。染色体は細胞内にあり、分裂して増える際の設計図の役割を果たす。生物によって数が異なり、身近な例をあげると、

・ヒト … 46本(23対)

・チンパンジー … 48本(24対)

・イヌ … 78本(39対)

・稲 … 24本(12対)

・小麦 … 42本(21対)

などだ。23アンド・ミーの社名は、ヒトの染色体の数が由来なのだろう。

染色体を分解すると、今度はDNAが登場する。DNAは縄ばしごをねじったような構造で、水平の横木に相当する部分が塩基(えんき)で成り立っている。アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)から2種類を使い、例えばアデニンとチミン、シトシンとグアニンのようにペアで横木が構成されているのだ。

この組み合わせこそが遺伝情報で、過去はもちろん未来の自分を知ることができるのだが、ヒトの塩基は全部でおよそ32億もあるため、解析と情報の蓄積に長い年月を要しているのだ。

■自分のルーツはヒト以外?

ほとんどの遺伝情報は同じため、身体の構造が大きく変わることはないが、ひとによって違いが生じやすい部分もある。これらはSNPと呼ばれ、変化しやすい順にr、u、i、s、gが先頭につく。遺伝子解析でわかる情報とSNP、信頼性を表す確信度をみてみよう。

確信度は数値が大きいほど信頼性が高い。

・お酒に強い … rs671 … 確信度:4

・ニコチン依存症になりやすい … rs1051730 … 確信度:4

・肥満になりやすい … rs10871777 … 確信度:3

・ダイエットしやすい … rs1801282 … 確信度:3

・寿命が長い … rs2764264 … 確信度:2

となり、タバコ/酒好きはほぼ生まれつき状態だから、禁酒禁煙に失敗しても自分を責めるのはやめにしよう。太りやすい体質なら生活習慣病のリスクも上がるだろうし、やせにくい体質と知ればダイエットの意欲もそがれてしまう。

ほかにもアルツハイマー病との関連などが研究され、結果が出るのは時間の問題だ。ただし、発症する可能性が分かっても治療方法が見つかるとは限らない。治らない病気にかかると知ったら、ヘコむどころでは済まない。

さらに聞きたくないのは自分の過去で、ネアンデルタール人の遺伝子がどれくらい含まれているかまで判定されてしまう。どうでも良いと思うのは早計で、最近の研究でネアンデルタール人はヒトの祖先とは別種なことが判明しているため、自分が何者なのかに大きく関わってくるのだ。

これもDNA解析によるもので、ネアンデルタール人はおよそ60万年前に派生したまったくの別種で、正確に言えばヒトではない。自分にヒト以外の遺伝子が含まれていると知ったら、どうリアクションすべきか分からなくなってしまう。

いくら手軽に解析できるとはいえ、1万円も払って治らない病気と変えられない過去を知るのは、いったい誰トクなのか。

■まとめ

倫理上の問題だろうか、日本ではこの遺伝子解析サービスを受けることができない。

残念に思えたが、ノリと勢いで申し込んだあげく、結果を見て暗い毎日を過ごさずに済むなら良しとしよう。

(関口 寿/ガリレオワークス)

お役立ち情報[PR]