お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ささいなことから、修羅場になってしまった体験「彼氏に大きな声で鼻毛出てるよ!と指摘→無言で切れられる」

後から思えば「どうしてあんなくだらないことで、あそこまでこじれてしまったんだろう……首をかしげたくなるようなことってありますよね。でも、そのときには絶対に許せないと思っているもの。そんなエピソードを集めてみました。

【男子が思う別れを切り出したら暴れそうな女子「普段から頭をはたく」「恋愛が趣味」】

■スルーできなかったんです

・「街中を歩いていたら、彼女が知らない人と肩をぶつけて、「イタッ」といったのが聞こえてもめたこと」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)

・「電車に乗っていて彼氏の鼻から鼻毛がでており、思わず大きな声で鼻毛!といってしまい、彼氏は恥ずかしさからか怒ってしまい、楽しい遠出のはずが終始無言の電車。そして目的地についても無言。当然楽しくもなく、すぐさま帰ってしまった」(23歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

気付かないフリをしてしまえばよかったのに、つい反応してしまって大事に。ときには鈍感力を発揮することも必要ですね。

■これだけは譲れない!

・「部屋のゴミをどうして捨てないのか、ということから」(34歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「外食中に食事のマナーを注意したら、逆切れされました」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

・「洗濯物の放置。何度言っても繰り返しているので」(30歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

育ってきた環境がちがえば、当然生活スタイルもちがいます。自分のやり方と相手のやり方が食い違うとストレスがたまりますよね。

■やきもち

・「男友達と世間話をしていたが「やっぱり浮気してた!」とその彼女が割り込んできて話し合いに付き合わされた」(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「エロサイトを見ていたのが、携帯チェックでわかってしまい、そのまま大ゲンカ」(32歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「彼女と一緒にいたとき知り合いがたまたま近くにいて、知り合いに「(この子)彼女?」って聞かれてもとっさに否定してしまった。彼女に誤解を生むような発言をしてしまった」(22歳男性/運輸・倉庫/その他)

・「職場のおじさんと話してて彼氏にヤキモチをやかれた」(28歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「彼氏がキャバクラに行っていた証拠の名刺を見て」(29歳女性/金融・証券/専門職)

適度なやきもちは恋のスパイス。でも、できるだけ、相手を不安にさせないようにしたいですね。

■別れ話まで行ってしまった修羅場

・「彼氏に不満をぶつけたところ、曖昧な返事しか返ってこず、いらいらが募って勢いで別れてしまった」(25歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「遠距離恋愛している彼氏が信用できなくなり、正直に心情を吐露したらケンカ別れになってしまった」(25歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

行きつくところまで行ってしまいました。

恋をすると相手のささいなことが気になって許せなくなるもの。修羅場を演じるつもりなんてなくても、きっかけひとつでケンカや別れ話になってしまうのだから大変です。

※『マイナビウーマン』にて2014年1月15日~22日にWebアンケート。有効回答数684件

お役立ち情報[PR]