お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

男子がバレンタインに欲しいチョコ1位は圧倒的に「ゴディバ」

年末年始が過ぎると、次の大イベントはバレンタインです。本命でも義理でも、いくつチョコレートをあげようか、どこのブランドにしようか気になるのではないでしょうか。そこで今回は、バレンタインに欲しい・贈りたいチョコレートついて男性249名に聞きました。

【【働く女子の実態】バレンタイン、本命チョコは何割?】

■Q.男性に聞きます。バレンタインデーにもらって嬉しいチョコレートを教えてください(複数回答)

1位 ゴディバ 44.6%
2位 モロゾフ 17.3%
3位 ロイズ 15.3%
4位 ジャン=ポール・エヴァン 11.7%
5位 ピエール・マルコリーニ 8.4%

◇1位 ゴディバ

・「前に食べた時、とても美味しかったから。」(男性/30歳/情報・IT)
・「貰えるのならやっぱここだろ」(男性/44歳/商社・卸)
・「ゴディバしか知っているブランドがない。」(男性/22歳/学生)

高級チョコレートの代名詞であると同時に、「実際に食べたらおいしかった」という意見が多数。さらに「自分ではなかなか買う決心がつかないので、もらいたい」という意見も目立ちました。

◇2位 モロゾフ

・「高級チョコは、「モロゾフ」しか知らないから。」(男性/53歳/学校・教育関連)
・「モロゾフが好きだから」(男性/29歳/商社・卸)
・「馴染みのあるチョコレートが良いと思うから」(34歳男性/情報・IT)

デパートの洋菓子売り場の定番ブランド。その味になじんでいる人が多いこともあり、人気を集めました。

◇3位 ロイズ

・「一番信頼がおける。」(男性/50歳/情報・IT)
・「名前の響きがいい」(42歳男性/ソフトウェア/営業職)
・「馴染みのあるチョコレートが良いと思うから」(男性/34歳/情報・IT)

北海道を代表するチョコレートともいえ、知名度の高さが人気を集めました。

◇4位 ジャン=ポール・エヴァン

・「よく銀座に買いに行かされる」(37歳男性/通信/技術職)
・「甘みと苦みのハーモニクスの精度(笑)」(男性/35歳/印刷・紙パルプ)
・「フランスでしか買えなかったチョコなので」(34歳男性/機械・精密機器/営業職)

高級ブランドのため、なかなか口にできないもの。なので、「バレンタインならば」という意見が多かったです。

◇5位 ピエール・マルコリーニ

・「本気度を感じるから」(26歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「高いですが美味しいですもの」(男性/47歳/電機)
・「名前はよく聞くのですが、まだ食べたことがないので。」(男性/47歳/アパレル・繊維)

「ゴディバ」と同じくチョコレートの本場であるベルギー産。憧れている人がたくさんいました。

◇番外編:値段だけが魅力ではない!?

・アニヴェルセル表参道「結婚式の場所だから、ロマンティックな感じがいいと思う」(31歳男性/学校・教育関連/営業職)
・デメル「香りが良い。」(男性/50歳/情報・IT)

■まとめ

バレンタインデーは好意を伝えるチャンスということから、ブランドにはこだわっている意見が多く見られました。女性も同様のアンケートを聞いて見ると、最近では『友チョコ』なども増えてきているので、女性同士で交換することを前提にした意見もチラホラ。バレンタイン事情の変化が読みとれる結果になったと言えそうです。

☆女性がバレンタインデーにもらって嬉しいチョコレート

1位 ゴディバ 50.50%
2位 ピエール・マルコリーニ 23.10%
3位 ピエール・エルメ・パリ 20.30%
4位 ジャン=ポール・エヴァン 19.50%
5位 ロイズ 19.20%

(文・OFFICE-SANGA 繁原稔弘)

調査時期:2013年12月17日~2013年12月24日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性249名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]