お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

どうして戻ってきたの? 産休明けの同期に罪はないけれど

マーケティング経験は鈴さんのほうが長い。
実績と実力でいえば、私のほうが負けている。
今の部署は、そんなに人を増やす余裕はないはず。

異動を言い渡され、事務職に戻る自分の姿が頭に浮かんだ。

今の仕事を続けたい。やっと仕事のコツをつかんで、
面白くなってきたところなんだもの。異動なんてしたくない。
鈴さんに罪はないけれど、
どうして戻ってきたの? と思ってしまう。

仕事始め式のあと、部署内でのミーティングで、
鈴さんが挨拶をした。
「産休があけて、1年ぶりに戻ってきました、佐藤鈴です。
保育園の問題で、時短で勤務することになりました。
残業ができないなど、みなさんにご迷惑をおかけして
しまうかもしれませんが、できるだけがんばりますので、
どうぞよろしくお願いします」
時短勤務では多くの仕事量をこなせないからか、
私の少ない実績が認められたからか、
私が異動する気配はなさそうで安心した。

とはいえ、やっぱり大切なのは、私の仕事力。
スキルアップするために、もっと何かやっておかなくちゃ。
そうすれば、誰かに仕事をとられるかも、
なんて心配をしなくてすむはず。

翌週、私は『朝活英会話』に参加した。

お役立ち情報[PR]