お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

初対面の人の心をつかむ話題とタブーな話題―「OK:衣・食・住」「NG:宗教、政治、人種、悪口、愚痴」

よほど会話の達人でもないかぎり、お互いに何を考えているのか分からない初対面同士は緊張するものです。それでも会話をしなくてはならない状況のとき、どのような話題を出せば相手の心をつかめるのでしょうか?

【初対面で失敗しない方法「目を合わせる」】

■相手にとってかけがえのない人の話題に触れる

子供のいる人は、人から「お子さんの風邪の具合はいかがですか?」などと気にかけてもらい、感激したことはありませんか? このように、相手にとってかけがえのない人についての話題を出すことは、相手の感情を揺さぶり、喜ばせることにつながります。

誰だって、自分の大切な家族を気にかけてもらうのはうれしいものです。

初対面の場合でも、当たり障りのない天気の話題などを出しつつ「休日はいつも何をされてるんですか?」「そうですね、たいてい子供の少年野球の応援に行っています」「あぁ、お子さんがいらっしゃるんですね。今おいくつなんですか?

」というように、自然と家族の話に持っていくことはできます。

これを突破口にして、いろいろな話題につなげていきましょう。うまく話すコツは、盛り上げなきゃと気負わず、ごく自然に、まるで連想ゲームを楽しむように思いついたことを口にしていくことです。そうしていくつかお互いのことを話しているうちに、親近感が湧いて会話が楽しく、気楽なものに変わっていきます。

■どんな人でも当てはまりやすいキーワード

話題選びに困ったときのために、あらかじめ使えそうなキーワードを用意しておくと便利です。例えば「衣・食・住」。どのあたりに住んでいるのか、どんな食べ物が好きなのか、ひいきのファッションブランドはどこかなど、比較的質問しやすく、聞かれた側も気楽に答えることができます。

女性同士ならコスメやおいしいスイーツのお店の話題も盛り上がりやすくておすすめです。他にも趣味、健康、はやりのレジャースポットなど、探してみれば話しやすい話題のネタはいくらでも転がっています。「明日は初対面の人と会う予定がある」というときは、前日にどんなことを話そうかシミュレーションしておくと緊張せずに済みます。

■タブーな話題

付き合いが長く、お互いのことを熟知しているような間柄なら許される話題でも、初対面のときには避けたほうがいい場合もあります。宗教、政治、人種、悪口、愚痴など、相手を傷つけたり不愉快な気分にさせてしまう可能性のあるものは話題にしないほうが無難です。

あまりにもプライベートに首をつっこみすぎるのもよくありません。相手に質問をするときは大まかな軽い質問にとどめましょう。

お役立ち情報[PR]