お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

上司キラーになれる心理テク「威嚇する上司ほど制御しやすい」

大勢の人々が組織の一員として働く企業では、いかにやりがいのある仕事ができるかが重要です。そのためには周りの社員たちと良好な関係を作る必要があります。特に大切なのは上司とのコミュニケーションなので、ここではその具体的方策について紹介しましょう。

【前例を重視をする上司、未来を重視する上司の扱い方】

■支配欲の高い嫌な上司

特に管理職になりたての上司に多い傾向として、「不必要に威張る」「部下を怒鳴りつける」という困った習性があります。これらの言動は、「他人を支配したい」という支配欲の高い人物ほどよくみられ、部下から嫌われやすいタイプでもあります。

プライベートなら付き合いたくない人物ですが、職場となるとそうはいかないのが現実です。

■威嚇する上司ほど制御しやすい

自分の支配欲を満足させるためには、周囲には「怖い上司」という自分を演出しなければならないので、必然的に部下を威嚇して統制しようとするタイプの上司になるわけです。つまり、組織の統率に必要なスキルが未熟な上司がこういうタイプに多いのです。

ただ、根は単純だけに、上司の支配欲を満足させながら付き合う方法を身に付ければ、割りと制御しやすい上司になってくれるものです。

■第三者の評価をうまく伝える

支配欲を満足させるのに効果的なのは、上司と二人きりの際に上司の客観的評価を口にすることです。よく自分の考えとして上司を持ち上げる部下がいますが、これはすぐに「ゴマすり」と見破られて逆効果です。それよりも「取引先の○○さんが△△と言って部長のことを褒めていましたよ」という話をすると、上司の機嫌は大変よくなります。

小心者の上司ほど、他人の評価を気にしているからです。

■上司に忠誠を誓う言動

単純な思考回路の上司ほど、「自分を慕って付いて来てくれる部下」がかわいいものです。宴会などの席では、必ず上司にお酌をして忠誠を誓う言動を見せましょう。そして、仕事の際でも上司が抱えている面倒な仕事の一部を、率先して引き受けるようにしましょう。

特にみんなが嫌がる仕事ほど喜んでやるという姿勢を見せることにより上司の信頼感はぐんと高くなり、他の部下には厳しくても、忠誠を尽くす部下には優しく接するようになるものです。

お役立ち情報[PR]