お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

自分の仕事は100点満点中何点?「61~70点 18.3%」

学生時代のテストは範囲が決まっていたけれど、社会人の仕事には制限がありません。上を目指そうと思えばきりがなく、つねに勉強が必要です。現在の仕事ぶりに点数をつけるとしたら、100点満点中何点ですか? 読者736名に聞きました。

【自分の容姿に点数をつけるなら?「平均点は52.3点」―銀座のキャバ嬢キャッチにやたらとあうから55点(28歳/女性)】

Q.自分の仕事に点数をつけるなら100点満点中何点ですか?(単一回答)
1位 61~70点 18.3%
2位 71~80点 17.4%
3位 51~60点 16.9%
4位 41~50点 11.1%
5位 81~90点 8.6%

■61~70点

・「今は生産性が落ちているし、業績が出てないので」(30歳女性/学校・教育関連/技術職)
・「まだまだ知識や技術不足なので、勉強する必要があるため」(28歳男性/情報・IT/技術職)
・「7割ぐらいはできていると認めて欲しい」(37歳男性/通信/技術職)

■番外編:自分に100点をあげたい!

・「そう思えないような仕事はしたくない」(44歳男性/商社・卸/販売職・サービス系)
・「こんなにいいデザインをする人間はいない」(35歳男性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「仕事してるのに家事は全部私がやってあげてるから、100点以上」(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)

多くの人が自分の仕事に対して、70点前後の評価をつけていることがわかりました。まだ学ぶことはたくさんあるけれど、及第点ではあるだろうと考えているようですね。冷静に自己分析している人が多い一方で、プライドを持って取り組んでいるので100点をつけた人も。

どちらの姿勢も働く上では大事だと思います。

調査期間:2013/12/24~2014/1/6
有効回答数:男性282名、女性454名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]