お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

涙には3つのタイプがある「感情の涙はタンパク質を多く含む」―涙のトリビア

悲しい時や感動した時など、心が揺れる時だけでなく花粉症など体調不良の時も出る涙。人間のほかに涙を流すも動物もあるけれど、感情で涙を流すのは人間だけ。涙はタンパク質などの成分を含み、目を乾燥から防ぐほか、目の健康を維持し感染症などから守ります。

【「笑う」よりも効果的!「泣く」ことで得られる5つの効果】

でも、とても身近な自然現象ながら、意外と知らないことも多いのでは?行動神経学の教授で「Why Humans Like to Cry」の著者マイケル・トリンブル氏や、米ピッツバーグ大学のローレン・ビルスマ博士などが涙についての豆知識をご紹介。

○涙には3つのタイプが

目の潤いを守るために常に目に存在する涙、ごみや煙などに対し反射で出る涙、そして悲しい事があった時など感情による涙があり、これらすべて成分が違うそう。感情による涙が一番タンパク質を多く含んでいるとか。

○涙の成分は唾液とほぼ一緒

唾液と一緒と言われると複雑な気分ですが、基本的にはタンパク質、塩、ホルモンでできているそう。

○やっぱり女の方が泣き上戸?!

ある調査では、1か月間に男性が平均1.4回泣くのに対し女性は5.3回との結果が出たほか、他の調査では男性が月0.5~1回であるのに対し、女性は2~5回だったそう。また、女性の方が泣く時間も長く、最初に泣き始めてからすすり泣きに移行して泣き続けるのも女性が圧倒的に多いとか……。

○玉ねぎを切ると涙が出るのは「プロパンチオールSオキシド」という成分のせい

玉ねぎの細胞を破壊すると、揮発性の催涙ガスが出るのだそう。ではやはり玉ねぎの涙防止にはガスマスクが有効……?

○女性の涙は男性の性欲を減退させる?!

イスラエルのワイツマン科学研究所が行った調査によると、女性の涙の臭いを嗅いだ男性の男性ホルモンや性的興奮が低下したとのこと。泣くタイミングに気を付けなければいけなそうですね。

○泣いている時に鼻水も出るのは、涙が鼻に流れるから

目を守るため涙腺から出る涙、過剰になった時には鼻涙管と呼ばれる鼻に続く管に排出され、さらに溜まった余剰分が涙として目から流れます。そのため、涙を流すと鼻も潤うことに。

○「良い涙」もある?

ある調査によると、感情による涙はストレスホルモンを含んでいるとか。涙を流すことでストレス物質を排出することができるそう。また、泣くことで体にエンドルフィンという幸福ホルモンを出させるとの説も。

■まとめ

今まで涙を流したことは数知れず。でも、結構知らないこともあったのでは?あなたはいくつ知っていました?

参考:13 Things You Probably Don’t Know About Tears
http://www.huffingtonpost.com/2014/01/10/tear-facts_n_4570879.html?ref=topbar

お役立ち情報[PR]