お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

もっと家族とメールを交わそう!メールは家族の絆を強める―研究結果

最近、大切な家族と連絡を取り合っていますか? 会話していますか?

【男性がうんざりする重い女メール5選「ごめんねメール」「深夜のひとり言メール」】

愛する夫と、両親と、祖父母と、兄や姉、弟や妹と。

毎日仕事や家事で忙しいと、いつも一緒にいるように見えて、実は家族とのコミュニケーションが案外おろそかになってしまうものです。

年末年始は、お仕事もお休みの人が多いはずですから、このお休みを利用して家族とのコミュニケーションを取ってみてはいかがでしょうか。

面と向かって、家族と改まって話をするのが恥ずかしい人もきっと多いはず。

そんなあなたに朗報です。

ネブラスカ大学の研究で、携帯電話のメールのやり取りは家族の絆をさらに深めると明らかになりました。

恋人同士があまりにも多くメールをやり取りすると、関係が壊れる危険性が非常に高くなるという研究も過去には発表されていますが、家族の場合はそうではないのが、興味深いですね。

ネブラスカ大学では、150人の参加者を対象にインタビューが行われました。

参加者のうち約60%もの人が、「メールではウソをつくことはめったにない」と述べていることがわかりました。

また80%もの人が、家族とメールをすると、直接顔を合わせるよりも自分の素直な気持ちを伝えられると述べたそうです。

家族の中の誰に最もメールを送るのかという質問には、「母親」という答えが非常に多かったそうです。

やはり家族を支えているのは、お母さんなんですね。

家族とのコミュニケーションが苦手だったり、何となく照れくさいと感じている人は、携帯電話でメールを送ってみてはどうでしょう。

「いつもありがとう」
「今日もお仕事がんばってね」
「気をつけて返ってきてね」

こんなさりげない一言が家族の絆を深めてくれます。

参考:Study says texting brings families closer
http://www.ksby.com/news/study-says-texting-brings-families-closer/

お役立ち情報[PR]