お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

好きな人からのメール返信でしている工夫―「クエスチョンマークを必ずつける」

好きな人とのメールのやりとりって、ドキドキしますよね。友達なら適当に返信できても、相手が好きな人となると、話は別! そこで今回は、みなさんに「好きな人から届いたメールにだけ、返信の際にしているこだわりの工夫」を聞いてみました。

【すぐには返信しない!? 彼へのメール返信のタイミングは? 「寝かせるのが大事」】

■絵文字や顔文字で、明るさを演出

・「なるべくハートを使うこと」(27歳女性/医療・福祉/専門職)

・「絵文字を使ってなるべく女の子らしいメールをするようにしている」(24歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「嬉しい顔の顔文字を多用」(25歳女性/電機/事務系専門職)

句読点だけのシンプルな文面ではなく、絵文字や顔文字を使って明るい雰囲気にする、という人が多いよう。ただ、中には「絵文字を使わない相手に合わせて、多用は控える」という意見もありました。

■返信のタイミングを工夫する

・「早く返信するようにしています。効果はわかりませんが……」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)

・「すぐに返信せず、少し時間を空けてから送る」(32歳女性/金属・鉄鋼/技術職)

・「1日以内に返信する」(31歳女性/金融・証券/営業職)

男性の間では、「なるべく即レスする」という意見が多数派。一方で、女性の中には、あえて時間を置いて恋の駆け引きをする策略家(?)も。どちらの方がより効果的なんでしょうね?

■メールが途切れないよう、質問形式で返信する

・「話が続くように質問で返す」(31歳男性/小売店/事務系専門職)

・「クエスチョンマークを必ずつける」(25歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「疑問も一つは入れてメールが続くようにしている」(29歳女性/医療・福祉/専門職)

好きな人とは、できるだけ長くメールのやり取りをしていたいもの。そこで、メール文面に質問文を入れて、メールが続くように工夫する人も。確かに質問形式のメールなら、メールが苦手な人でも返しやすそうですね。

いかがでしたか? 他にも、相手を気遣う言葉や優しい言葉を入れるなど、皆それぞれ何かしらの工夫をしているようです。あなたは、好きな人へのメール返信ではどんなことに気をつけていますか?

※『マイナビウーマン』調べ。2014年12月27日~1月6日にWebアンケート。有効回答数542件

お役立ち情報[PR]