お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

外出先で遭遇した、他人の許せない行動ランキング1位「並んでいるときに割り込みをする」

外で過ごすときには、大勢の知らない人と遭遇することになります。まったく知らない人といっても、マナーの悪い行動は見ているだけで嫌な思いをしてしまうもの。皆さんは、どんな行動が許せませんか? 読者638人に聞いてみました。

【思わぬケガに!子連れ外出では「エスカレーター」に注意】

Q.外出先で遭遇した、他人の許せない行動を教えてください(複数回答)
1位 並んでいるときに割り込みをする 37.1%
2位 歩きタバコ 36.2%
3位 団体で道いっぱいになって歩いている 33.2%
4位 自転車で「どけどけ」とベルを鳴らす 29.8%
5位 歩きスマホ 20.5%

■並んでいるときに割り込みをする

・「自己中心的な行動だから」(23歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「すみません、といって先にATMを使われてしまった」(24歳男性/団体・公益法人・官公庁)
・「高齢者に良く割り込されます。新しく列を作られることが多いです」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

■歩きタバコ

・「タバコでヤケドをしたこともあるから」(37歳男性/通信/技術職)
・「歩きタバコは危ないし、臭いから本当にやめてもらいたい」(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「歩きタバコの人の後ろを歩かざるを得なくなった時、なぜ臭いにおいを嗅がされなければならないのか理不尽に思う」(33歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)

■団体で道いっぱいになって歩いている

・「横一列に並ぶのは勘弁してほしい」(21歳女性/小売店/事務系専門職)
・「急いでいるときに本当に邪魔だから」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「団体で道いっぱいになって歩いているのは、邪魔だし危ないしでイライラする。かといってベルを鳴らしたくはない」(27歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

■自転車で「どけどけ」とベルを鳴らす

・「自転車にベルを鳴らされても譲りません」(27歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「一応歩道なのだから、自転車がベルを鳴らして我がもの顔で走るのはイラッとします」(24歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「ぶつかった場合、加害者になるとわかっていないのかと思う」(21歳男性/金属・鉄鋼・化学/営業職)

■歩きスマホ

・「ぶつかる。そのくせぶつかっても謝らない」(31歳男性/金融・証券/専門職)
・「スマホを見ながら歩いている人は、追い越すにもすれ違うにも前を見ていないので、危ないしイライラする」(29歳女性/情報・IT)
・「歩きスマホ、本当に迷惑。こちら側が避けないと、ぶつかったりする」(23歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

■番外編:他にもこんな迷惑行為が

・傘を持って歩いている「傘を持って歩いているが、持つ手を結構振って歩いているので、後ろで歩いていると危ないことがある」(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)
・満員電車で携帯ゲーム「携帯を持つ手を下ろすだけでスペースが広がるのに、と思う」(23歳女性/商社・卸/営業職)
・(長距離ではない)電車の中でものを食べている「バスの中で立ちながらおにぎり食べている若い女の子がいた」(34歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

総評
1位は「並んでいるときに割り込みをする」でした。自分の方が早くから並んでいるのに、後からきた人が先になるのは許せない! 時間を奪われたような、損をした気持ちになりますよね。自分のことしか考えていないので、本人は割り込みをしたことさえ気づいていないケースも。

注意されると逆ギレする人もいるので困ってしまいます。

2位「歩きタバコ」や5位「歩きスマホ」のように、思いがけず人に迷惑をかけてしまうことも。タバコは見知らぬ人に煙を吸わせてしまうだけでなく、ヤケドを負わせてしまう危険性があることを忘れないでほしいですね。

歩きスマホは交通事故の危険もあります。時間の節約と考えている人が多いようですが、安全のためにもやめたほうがいいでしょう。

4位「自転車で『どけどけ』とベルを鳴らす」もかなり嫌がられているようですね。歩道では自転車よりも歩行者が優先。「どうしてこちらがどかないといけないのか」と疑問に思う人が目立ちます。許せない行動を思い出して腹が立った人もいると思いますが、逆に自分が人に迷惑をかけてないか、今一度振り返ってみるのもいいかもしれません。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)

調査時期:2013年12月17日~2013年12月24日
調査対象:マイナビウーマン読者
調査数:男性248名、女性390名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]