お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

激怒した相手をなだめる方法とは?「相手に言いたいだけ言わせる」

プライベートでも仕事の上でも、議論が白熱して思わず声を荒らげてしまうことがあります。それが原因で相手を怒らせてしまい、そのまま放っておくと関係を修復することができなくなってしまいます。そこで、激怒している相手をなだめる良い方法について解説しましょう。

【相手にも嫌われていた!? 苦手な人とすぐ口論しちゃう心理とは?】

■まずは口論から外れる

自分の失言で相手を怒らせてしまった場合、下手に対応すると「火に油を注ぐ」状態になってしまいます。言い訳じみたことを言うと相手の怒りはさらに増幅し、「怒ることでさらに怒りが増す」事態になってしまうわけです。

このようなときには、怒りの原因となった口論の内容から離れ、まず相手の怒りがどのようにすれば静まるのかを優先して考えねばなりません。

■「台風一過」のように対処する

相手の怒りが激しいときは、むしろ相手に言いたいだけ言わせることもひとつの方法です。人間は、怒るだけ怒ったらそれでスッキリしてしまうものです。大嵐が過ぎた後は嘘のように静けさが戻る自然現象とよく似ています。

つまり「台風一過」ということですね。

そこで、相手の怒りを受け止めることに徹し、怒りが静まったところを見計らって話を戻せば、今度は冷静に聞いてくれる場合が多いのです。

■怒りが静まった後の対処法

相手が激しく怒った後は、いくら自分の方に理があると思ってはいても、ある程度相手の意見も尊重し、言い分をよく聞いて妥協点を見いだすことを考えてみる必要があります。くれぐれも口論が蒸し返されて再び相手を激怒させるようなことがあってはなりません。

その可能性が高いと感じたならば、論争は一時休戦として、また日をあらためて話し合う機会を設けることにしてみるのがよいでしょう。

■怒りの根本原因を作らないこと

相手の怒りを静める方法も重要ですが、相手を激怒させるような口論の仕方に最大の問題があるので、それを改める努力をしないことには、また同じことを繰り返してしまいます。口論の際に相手の逆鱗に触れる話題というのは「侮蔑的な言葉」「相手を馬鹿にした態度」「相手の意見を制止して自分の意見ばかりを主張する」などが挙げられます。

以上の点に十分配慮すれば収拾がつかないほどに相手を激怒させることはなくなるでしょう。

お役立ち情報[PR]