お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

日本語に置き換えるとニュアンスが違うように感じる外来語1位「サイダー→噴出水」

「カステラ」や「パン」は一見英語のようですが、実は日本独自に発展した言葉であり、「カタカナ英語」や「外来語」と言われます。これらの言葉は漢字に置き換えることも可能ですが、いざ変換すると、何だか妙なニュアンスに。

【日本人が最も苦手とする「l」と「r」英語発音のコツ】

そんな言葉を読者638名に聞きました。

Q.日本語に置き換えるとニュアンスが違うように感じる外来語を教えてください(複数回答)
1位 サイダー→噴出水 44.5%
2位 キャラメル→軍粮精 37.0%
3位 シクラメン→豚の饅頭 32.6%
4位 コンピュータ→電子計算機 29.5%
5位 チューリップ→鬱金香 28.8%

■サイダー→噴出水

・「なんだか水道管が破裂したように感じる」(41歳男性/自動車関連/技術職)
・「食べ物っぽくない」(30歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「『炭酸水』ではないかな、と思う」(28歳女性/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

■キャラメル→軍粮精

・「何だか強そう」(37歳男性/通信/技術職)
・「軍っていうのが違和感たっぷりかも」(42歳男性/ソフトウェア/営業職)
・「なんだかエロい」(26歳女性/生保・損保/専門職)

■シクラメン→豚の饅頭

・「何だか下品」(25歳男性/通信/技術職)
・「中華料理みたいだから」(27歳女性/金融・証券/営業職)
・「ただの『豚まん』では?」(29歳女性/学校・教育関連/専門職)

■コンピュータ→電子計算機

・「初めて知ったから」(30歳男性/自動車関連/技術職)
・「電子計算機だとどうしても電卓が浮かぶ」(24歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「すごく細かいイメージ」(32歳男性/運輸・倉庫/営業職)

■チューリップ→鬱金香

・「鬱という言葉が、全然違うと思う」(25歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「花の名前っぽくない」(35歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「暗そう」(37歳女性/医療・福祉/専門職)

■番外編:別のものを想像してしまう

・カレーライス→辛味入汁掛飯「お茶漬けのように感じるから」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・ピアノ→洋琴「ピアノは鍵盤楽器で琴は弦楽器です。同じ弦を使う楽器でも、表現が違うだけでイメージが全然違う」(40歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)
・フォーク→肉刺し「バーベーキューなど、別の言葉を連想する」(37歳男性/医療・福祉/クリエイティブ職)

●総評
1位は「サイダー→噴出水」です。「温泉みたい」「噴水みたい」「間欠泉みたい」といったコメントが多く、「飲み物とは思えない」という意見が大半でした。「泡甘水」でいい、という意見には納得です。

2位は「キャラメル→軍粮精」でした。「軍」という字に違和感を覚えるようで、「自衛隊の食事みたい」というコメントも。たしかに漢字を見る限りでは、軍人さんの栄養源的なニュアンスですよね。何か関連があるのか調べたのですが、詳細はわかりませんでした。

3位は「シクラメン→豚の饅頭」。「花ではなく食べ物のイメージ」「花のイメージが台無し」という意見に納得です。「これって、ただの豚まんでは?」というコメントにも大きく頷きました。一体、誰がこのような漢字を当てたのでしょうか……。

ランキング外のコメントも含め、「なぜ、このような日本語になったのだろう」と首をひねる言葉ばかりでした。いわゆる当て字というわけでもないので、当時、制作に携わった人に真相を聞いてみたいものです。
(文・OFFICE-SANGA 杉山忠義)

調査時期:2013年12月17日~2013年12月24日
調査対象:マイナビウーマン読者
調査数:男性248名、女性390名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]