お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

あの漫画に登場したキャラのモデルはこの人「『宇宙兄弟』の茄子田理事長は向井千秋さんの夫がモデル」

漫画に登場するキャラクターには実在のモデルがいることがあります。皆さんも漫画を読んでいると「あれ、このキャラはひょっとして……」なんて思うことがあるのではないでしょうか。今回は、漫画に登場するキャラクターのモデルについてご紹介します。

【正直、キラキラネームだと思うマンガ・映画のキャラは?「月野うさぎ」「夜神月」】

■『動物のお医者さん』の漆原教授

『動物のお医者さん』は日本中にシベリアン・ハスキーのブームを巻き起こした大ヒット漫画です。作中、舞台となるH大学獣医学部には、獣医学部病院学講座の漆原教授という人物が登場します。

アフリカファンという特殊な趣味を持つ大変に個性的な先生ですが、この漆原教授にモデルがいることをご存じでしょうか。北海道大学名誉教授の橋本信夫さんがそうです。

⇒北海道新聞の記事
http://www5.hokkaido-np.co.jp/kyouiku/fumfum/main-2006/0128/index.html

■『進撃の巨人』のドット・ピクシス

大ヒット漫画『進撃の巨人』には、駐屯兵団の司令官としてドット・ピクシスという人物が登場します。この人の容姿のモデルは、日露戦争で名をはせた秋山好古陸軍大将です。作者の諫山創先生は、秋山大将の姿勢、人柄を尊敬していらっしゃるそうです。

■『ルパン三世』の次元大介

次元大介といえば、ルパン三世の良き相棒であり、クールな無敵のガンマンです。この次元大介にモデルがいるというと皆さん驚くかもしれません。原作のモンキー・パンチ先生は、アメリカ人俳優のジェームズ・コバーンがモデルと語っています。

■『オバケのQ太郎』の小池さん

実在の人物がモデルで最も有名な漫画キャラクターといえば、この小池さんかもしれません。ここで紹介するのもはばかられるほどメジャーですが、小池さんのモデルは、杉並アニメーションミュージアム館長の鈴木伸一さんです。

鈴木伸一さんは、若いころより藤子不二雄先生と親交が深く、あのトキワ荘の住人であったこともあるのです。

■『Dr.スランプ』のDr・マシリト

こちらもあまりにも有名なモデルです。『Dr.スランプ』に登場する悪役 Dr.マシリトは、集英社専務取締役の鳥嶋和彦さんをモデルにしています。

筆者は一度だけ、鳥嶋さんとお酒をご一緒したことがあります。鳥嶋さんが(2度目の)少年ジャンプの編集長をされていたころですが、とても楽しい方で、おみやげに少年ジャンプ特製テレカをもらいました(笑)。

■『3月のライオン』の宗谷冬司

『3月のライオン』は現在最も熱い将棋漫画といわれます。この作品には、宗谷冬司という天才棋士が登場します。この宗谷冬司のモデルは「羽生善治と谷川浩司を足して”2で割っていない”キャラクター」とのこと。

羽生善治さん、谷川浩司さん、お二人とも棋界を代表する天才ですが、この二人が合わされば、それは強いですね。

■『宇宙兄弟』の茄子田理事長

アニメ、実写映画になった『宇宙兄弟』には、JAXAの茄子田理事長という人物が登場します。この茄子田理事長は、オカッパのような特徴ある髪形でひげをたくわえていますが、宇宙飛行士・向井千秋さんの旦那さんである向井万起男さんをモデルにしています。

茄子田という名字は、JAXAの旧名称である「NASDA」からの引用でしょうね。

■『ゴルゴ13』のゴルゴ13

現在も世界を股にかけ大活躍のゴルゴ13。この超A級スナイパーは、外見を、短髪、剃刀のような鋭い目と表現されます。原作者のさいとう・たかを先生によれば、モデルは俳優の高倉健さんとのことです。

実際に高倉健さんがゴルゴ13を演じた実写映画(1973年公開)も製作されました。

■『ONE PIECE』はたくさんのキャラクターにモデルが!?

もはや国民的な漫画となっている『ONE PIECE』ですが、登場するキャラクターにはそれぞれ容姿のモデルがいるのでは!? といわれています。作者である尾田栄一郎先生が明らかにしていらっしゃるものもありますが、ファンが「そうでは?

」と推測しているものも多いです。

例えば、白ひげ海賊団船長の白ひげことエドワード・ニューゲートは、尾田先生がよく行っていた飲み屋のご主人をモデルにしているそうです。名前の方は、実在したイギリスの海賊、「黒ひげ」エドワード・ティーチから取っているとのこと。

⇒これは実に興味深い!! 漫画「ワンピース」に登場するキャラクターのモデル一覧画像
http://plginrt-project.com/adb/?p=11321

いかがだったでしょうか。挙げ始めるとキリがないので、このあたりでいったんおしまいとします。実在のキャラクターをモデルにすると、漫画家さんも描きやすいのかもしれませんね。

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]