お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音雑学 オンナのボディ

アラサーになって失ったカラダの変化は? 「お尻がプリッとしない」「虫さされ跡が消えなくなった」「オールがつらい」

仕事も恋もバリバリ頑張れるのが、アラサー年代の大きな魅力! 人生の新たな楽しみが分かってくるこの年代は、実は、カラダの変化を感じやすい時期でもあります。今回はアラサー女子の皆さんに、「最近感じるカラダの変化」を聞いてみました。これが、リア充アラサー女子のリアル!? 目を背けてはダメですよ。

Q.アラサーの方に聞きます。あなたはアラサーになってカラダの変化を感じますか?

感じる 65.0%

感じない 35.0%

6割以上のアラサー女性が「感じる」と回答しました。思わず「やっぱり!」と、頷いてしまいそう?

■体力低下!

・「全体的に筋力が落ちて、少し坂道を上っただけで息切れしてしまいます」(27歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「体力が落ちた。階段を上がっただけで息切れ」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
体力の低下を挙げるアラサー女子の意見が多数! ちょっと歩いただけでも、ゼーゼーゴホゴホ。その姿は、まるでおばあちゃん!? とりあえず、ジムの見学にでも行ってみましょうか。

■重力には逆らえない?

・「全身の肉が下がってきた」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「お尻がプリッとしなくなってきた。肌が乾燥しやすくなった」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

これぞ、アラサ―女子の真実!? 真ん丸クッションだったはずのお尻は、いつしかペタンコ真四角座布団に……。若さが永遠だと思っていたあの頃が、懐かしいですね。重力が憎い~!

■遊ぶ<睡眠

・「徹夜するのがつらく、昔に比べて、そうたびたびできなくなったこと」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「昔は夜オールしても全然平気だったけど、今は12時をまわると眠たくてしょうがない」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

アラサー女子の女子会は、どんなに盛り上がっても、22時解散!? 若いころはどうしてあんなに遊べたのか、今となっては不思議で仕方ありません。オール明けのアラサー女子の顔は、どんなホラー映画よりも恐怖なのかも!?

■お肌にも衰えが……

・「顔にホウレイセンがくっきり出たし、頬の毛穴がひらいてきた」(27歳/金融・証券/営業職)

・「体の骨が目立つようになりました。ハリが減ったのか、顔や腕が目立ちます」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「シミとか日焼けとか虫さされ跡とかが、なかなか消えなくなった」(31歳/医療・福祉/専門職)

衰えを実感しやすい、お肌! 化粧品コーナーでも、つい「アンチエイジング」というワードが気になってしまいます。「まだ早い? いや、でも……」なんて、考え込んだ経験がある女子も少なくないのでは?

■老化?

・「朝方になった。食べ物の好みの変化。(洋食より和食、好き嫌いが減った)睡眠時間が短くても平気」(32歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「白髪が生えるようになった。肌荒れがなかなか早く治らない。風邪が長引く。肌がかさつくようになった」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「すべてにおいて衰えている」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

アラサーにして、まさかの「老化」!? 「もうアラサー」と思うのか、それとも「まだまだアラサー!」と思うのかは自分次第です。女子の人生は平均80年以上ありますからね。老いるのは、まだまだ先で良いのでは?

年齢を重ねれば、カラダの変化を感じるのは当たり前。しかし、そのスピードには個人差があり、女子としては「なるべくゆっくりにしたい!」と思うところです。カラダの変化を感じ始めた、アラサーの今がチャンス! 自分の変化を意識して、メンテナンスを始めてみては?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数290件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]