お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音雑学 オンナのボディ

ピルを使った感想は? 「生理痛がすっきり」「旅行と生理をずらせた」「飲み忘れる」

低用量経口避妊薬、いわゆるピル。名前しか知らない! という女子も多いのではないでしょうか。メリット、デメリットは? 値段は? 飲み方は? 気になることがいっぱいですよね。服用経験のある女子の体験談から、楽しく気軽に、ピルの知識を身に付けちゃいましょう!

■妊娠しないの?

・「妊娠は絶対に避けたかったので、念のために服用し始めた。妊娠の可能性が少しでも低くなるのであれば女子でもできる避妊として手っ取り早いと思った」(28歳/金融・証券/その他)

・「避妊に失敗したとき、飲んでも体調に変化はなく普段どおりにすごしていた」(28歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

正しく服用すれば、妊娠の確率を限りなく低くできるのが、ピルの特徴。女性が自分で実践できる、効果的な避妊法です。そう、「自分のカラダを彼任せにはしない」こと。それが大人女子のマナーですね。

■生理をずらせるってホント?

・「旅行に行くため、生理日をずらす目的で服用。無事楽しく過ごせた」(27歳/電機/技術職)

・「スキューバダイビングをする予定を立てるのに、生理を100%安定させたかったから。旅行の予定等が立てやすいのは良いが、飲み始めて5kg太った」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

旅行と生理がかぶってゲンナリ……。実はそんなときにもピルは有効。我慢しない、遠慮もしない、女子生活をもっとストレスフリーに楽しんじゃいましょう。

■軽くなるってホント?

・「生理痛がひどく、妊娠予定もなかったので、医師から処方された。ピルを服用中は生理痛がほとんどなくなったが、やめた途端生理痛がひどくなった」(28歳/生保・損保/専門職)

・「ヤーズを飲みだして1年がたちましたが、初めは不正出血が気になったときもありました。でも、しばらくするとそれもなくなり、生理が格段に軽くなりました。血量は減り、痛みもなくなり、生理期間も短くなりました。おまけにニキビがめったにできなくなりました!」(31歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

生理痛を軽減するためにピルを使っているという意見が目立ちました。ピルは出血量が少なくなる、PMSが軽減するなどの効果も期待できるんですよ。しかし、まさかニキビまで改善するとは……! ピルの実力、恐るべし!?

■体に良いの? それとも悪いの?

・「生理不順と生理痛を治したくて。症状がよくはなったが、ずっと飲まないといけないのが大変で、費用もかかること、妊娠したくなったときに影響が何かないのかなど不安になり結局数年後にやめた」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

服用経験がある女性の中にも、「将来への影響」を不安視する意見がありました。ピルももちろん薬の一種ですが、安全性がとても高く、やめればすぐに妊娠可能と言われています。ただ「喫煙」と「ピル」のセットなど、服用方法にはいくつか注意点もあります。まずはお医者さんに相談しましょう。

■デメリットは?

・「飲み忘れには気をつけなければならない」(30歳/金融・証券/営業職)

・「半年位飲んでいたが予算や体調がついていかずにやめてしまった」(28歳/生保・損保/営業職)

ピルを知るうえで、無視できないのがデメリット。体調悪化や、経済的負担、飲む手間などが挙げられました。保険が適用されるものもありますので、リズムをコントロールできるメリットなどと比較して、自分にとっての「ベスト」を検討しましょうね。

なんとなーく、気にはなるけど、実際に使ったことはない人が多いピル。こんな風にメリットがたくさんあるんです。今まで諦めていたことも、ピルが可能にしてくれるのかもしれません。「なんとなく」で避けるのは、もったいない!?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数290件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]