お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

2014年の流行は「何もしない幸せ」が流行る―トレンド調査

大手マーケティング会社のJWTのトレンド調査で、2013年はツイッターやFecebookで必死に周囲の人に「私こんなことやあんなことしてる」というアピールをすることに必死になる人が多かったのに比べ、2014年はその様なトレンドはなくなり、逆に「何もしない幸せ」が流行ると予測しています。

【「正直、友だちより幸せな結婚がしたい」が約半数! その理由は?】

つまり、2013年は”Fear of missing out”(クールなイベントに行けない恐怖感)。2014年は “Joy of missing out”(イベントにあえて行かない幸せ)が流行るというのです。

2013年は、イベントに誘われても「もしかしたらもっと良いイベントに誘われるかもしれない」という考えの人が多かったみたいです。しかし、トレンド調査の結果では「禅」や「デジタルデトックス(1ヶ月間メディアを使わない)」などが流行っていることから2014年は「他の人が何かをしているから自分も」という不安に駆られる様な流行はないだろうといわれています。

「イベントにあえて行かない幸せ」は、「自分の幸せだけで十分」という気持ちのシフトから来ているのだとトレンド調査では語られています。ソーシャルメディアで誰が、どこで、何を、誰としているのかという事に時間を費やすよりも「他の人は自分より楽しい事をしているかもしれないけれど私はこれで良い」という前向き思考の人が増える見込みなのです。

本当に「イベントにあえて行かない幸せ」がトレンドするかはわかりませんが、他の人を気にするよりも自分の幸せに集中した方が良いのはいわなくても当然と言えば当然かもしれませんね。

参考: “JOMO” will be the “FOMO of 2014
http://www.thedatereport.com/dating/conversation-starters/jomo-will-be-the-fomo-of-2014/

お役立ち情報[PR]