お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

宇宙船のリサイクルで、スペインからローコストな宇宙の旅を!2020年予定

スイスにある宇宙関連の会社と欧州の航空団体が一緒になり、一般人でも参加できるローコストな宇宙の旅が始まる事を発表しました。

【宇宙は「ステーキの香り」がするらしい!世界の仰天トリビア!】

今回発表された宇宙の旅には、スペースシャトルが取り付けられた飛行機が使われる予定で、地上1万メートルまでは飛行機を使い、そこからスペースシャトルが切り離され、700キロ宇宙に向かって飛ぶ計画がされています。

4名の乗務員と2名のパイロットと共に出発するこの宇宙旅行は、使用される飛行機とスペースシャトルが再利用されることで、これまで宇宙飛行士と大金持ちしか体験できなかった無重力の旅をローコストでオファーする事ができるそうです。

実際の旅行代金はまだ発表されていませんが、宇宙好きにはたまらないニュースですね。

2018年にトライアルが始まり、2020年には一般客を乗せた飛行機とシャトルが地球を出発する予定です。出発地には、スペインのカナリア諸島が検討されています。

2020年は東京オリンピックが開催される年ですが、オリンピックに負けないくらい大きな話題となりそうですね。

参考:Countdown: Spain set for low-cost space trips
http://www.thelocal.es/20131213/spains-canaries-to-launch-low-cost-space-voyages

お役立ち情報[PR]