お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

好きな人からの一言で、思わず勘違いしてしまった体験談「一緒にいたらすごく楽しい」

好きな人の一言は、些細なことでも一喜一憂したりするもの。そして時には、誤った解釈をしてしまうことも……。今回は、好きな人から言われた一言で、「自分のことが好きなのかな」と勘違いしてしまった・勘違いしそうになった体験談を集めてみました。

【頭ポンポンはNG!?男が勘違いする女のツボ】

■「かわいい」と言われて

・「かわいいを連呼されたこと」(27歳女性/医療・福祉/専門職)

・「かわいいと言われるとちょっと舞い上がってしまう」(25歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お前かわいいなぁと頭をなでなでされながら言われました。いやいやこれはもう私のこと好きだろ!と自信満々に思っていたら、本人は酔って覚えていなかった……」(24歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

女性の回答で多かったのが、「かわいい」と言われて勘違いしてしまったエピソード。男性にとっては単なる社交辞令の場合も多いですから、気をつけましょう。

■「一緒にいたら◯◯」発言をされて

・「一緒にいたらすごく楽しい」(33歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「一緒にいて飽きない」(29歳女性/建設・土木/事務系専門職)

・「一緒に住んだら、楽しそう」(34歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「俺といるとホッとするとか、安心するとか言われて、大きな勘違いをした」(32歳男性/機械・精密機器/技術職)

確かに、こんな風に好きな人に言われたら、たとえ深い意味がなくても「自分と一緒にいたいの?」とついポジティブにとってしまいそう。ただ、相手に嫌われている可能性は低いでしょうが、100%好意を抱かれているという保証もありません。

■純粋に褒められただけなのに

・「その服いいね」(27歳女性/医薬品・化粧品/営業職)

・「頼りになるね」(37歳男性/情報・IT/技術職)

・「○○くんのそういうところ素敵だなぁ」(30歳男性/自動車関連/技術職)

・「いいお嫁さんになりそうだね」(37歳女性/電機/技術職)

中には「えっ、そんなことで?」と思うような、ちょっとした褒め言葉で勘違いしてしまった人も。恋は盲目とはよく言ったものですね。好きな人に褒められて舞い上がる気持ちも分かりますが、あまり一人で盛り上がり過ぎないように……。

上記以外でも、「彼氏いる?」「ごはん行かない?」なんて、好きな人のちょっとした一言にドキッとしてしまった人も。恥ずかしい勘違いから早々に失恋しないためにも、一歩引いて冷静に見られる目を養いたいものですね!

※『マイナビウーマン』調べ。2014年12月27日~1月6日にWebアンケート。有効回答数542件

お役立ち情報[PR]