お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

【女性編】北海道のご当地ソングランキング―2位 『Winter,again』GLAY

北海道は独特の地域性を持ち、旅先としても人気が高いですよね。ご当地ソングを見ても、個性あふれる曲がそろっています。今回は、404名の読者の女性に「北海道のご当地ソング」をアンケートしてみました。北海道の大自然や雪景色、切ない想いが描かれた名曲がラインナップしています。

【北海道産生クリーム使用『ちょっと贅沢プリン』、12月21日から「ぐりこ・や」限定で新発売】

Q.北海道のご当地ソングを教えてください(複数回答)
1位 『北の国から~遥かなる大地より~』さだまさし 30.4%
2位 『Winter,again』GLAY 13.6%
3位 『襟裳岬』森進一、吉田拓郎 10.4%
3位 『大空と大地の中で』松山千春 10.4%
5位 『初恋列車』氷川きよし 5.2%

■『北の国から~遥かなる大地より~』さだまさし

・「やっぱり北の国からが一番しっくりきます。真っ白な銀世界、雪国……というイメージがすぐに湧きます」(30歳/小売店/販売職・サービス系)
・「歌詞はなくとも、北海道を思い描けるってすごいと思う」(28歳/生保・損保/営業職)
・「北海道って聞いただけで、この音楽が頭の中で流れる」(25歳/医療・福祉/事務系専門職)

■『Winter,again』GLAY

・「懐かしい上に今聴いてもいい曲だから」(28歳/自動車関連/技術職)
・「この曲を聴くとPVが目に浮かび、北海道の雪の寒さが伝わってくるから」(34歳/情報・IT/技術職)
・「GLAYが大好きで彼らも北海道、函館をすごく愛しているので、ご当地ソングといわれると嬉しいです」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

■『襟裳岬』森進一、吉田拓郎

・「歌詞が好き。一度行って確認してみたいです」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「なぜかちょっと切ない気分になるけど、いい曲」(30歳/自動車関連/事務系専門職)
・「誰もが知ってる有名ソングだから」(29歳/金融・証券/営業職)

■『大空と大地の中で』松山千春

・「北海道の良さが感じられると思うので」(24歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「北海道の豊かさと広さを感じさせるから」(28歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)
・「松山千春さん、北海道の愛すべき歌手だと思います」(56歳/医薬品・化粧品/専門職)

■『初恋列車』氷川きよし

・「今風だから」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「きよしちゃんのファンなので」(27歳/小売店/営業職)
・「歌がうまいから」(37歳/医療・福祉/専門職)

■番外編:北海道のイメージにピッタリの名曲たち

・『サッポロSNOWY』中島みゆき「中島みゆきの歌声と北海道の寒さの強いイメージが合っている」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・『知床旅情』森繁久彌、加藤登紀子「シャンソンっぽいところが好きだから。ゆったりとしていて大自然って感じがする」(30歳/その他)
・『LAT.43°N~forty-three degrees north latitude~』DREAMS COME TRUE「聞くとキュンとなる。北海道の彼と遠距離をしていて破局しそうなときによく聞いていた」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

1位に輝いたのは「『北の国から~遥かなる大地より~』さだまさし」でした。北海道といえば思い出す人が多いようです。歌詞がないのに、ここまで多くの人の心に残るのはすごいこと。ドラマの効果もかなり大きいようです。

2位に選ばれたのは「『Winter,again』GLAY」。雪の大地を思い出すだけでなく、北海道出身で地元愛が強いGLAYの曲だからということで、この曲を挙げた人も多かったです。3位は「『襟裳岬』森進一、吉田拓郎」。

歌詞とメロディが心に染みる名曲。「襟裳岬に行ってみたい」という人も多数いました。

4位は、北海道のすばらしさが伝わってくる「『大空と大地の中で』松山千春」。北海道出身の松山千春さんが歌っていることも大きいようです。5位は「『初恋列車』氷川きよし」。曲はもちろんのこと、氷川きよしさんが大好きというファンの皆さんの熱い支持が集まりました。

ほかにも、DREAMS COME TRUEの名曲『LAT.43°N~forty-three degrees north latitude~』を推す声も。「LAT.43°N」は北海道の緯度で、北海道と東京での遠距離恋愛を描いた曲といわれています。

遠距離恋愛経験者には切ない1曲のようです。

(文・OFFICE-SANGA 二宮由紀子)

調査時期:2013年5月18日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:女性404名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]