お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

【男性編】北海道のご当地ソングランキング―1位 『北の国から~遥かなる大地より~』さだまさし

「北海道」といえば、独特の風景と空気を想像する人が多いと思います。そんな北海道のイメージにピッタリ合う曲といったら何を思い浮かべますか? 今回は364名の読者の男性に、「北海道のご当地ソング」についてアンケート。

【北海道札幌市のカリスマ焼きそば店が放つ3kgメニュー その名も「信じられねぇ」】

聞いたら北海道に行きたくなっちゃうような雄大な曲がラインナップしました。

Q.北海道のご当地ソングを教えてください(複数回答)

1位 『北の国から~遥かなる大地より~』さだまさし 21.4%
2位 『襟裳岬』森進一、吉田拓郎 13.2%
3位 『大空と大地の中で』松山千春 11.3%
4位 『イヨマンテの夜』伊藤久男 5.2%
4位 『Winter,again』GLAY 5.2%
6位 『北酒場』細川たかし 5.0%

◇『北の国から~遥かなる大地より~』さだまさし

・「五郎さんって感じ。富良野に行ったらずっと流れていて、すごく景色に合うなと思いました」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「これといった歌詞がないのにひきつけられるのが不思議」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「北海道というとこの曲が頭に流れるぐらい染み付いている」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)

◇『襟裳岬』森進一、吉田拓郎

・「有名だし、とてもいい歌だと思うから」(24歳/その他)
・「”襟裳の春は何もない春です”というフレーズが頭に残っている」(25歳/建設・土木/技術職)
・「北海道のご当地ソングはこれだと思うから」(23歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

◇『大空と大地の中で』松山千春

・「北海道らしさをうまく表現した曲だと思う」(34歳/運輸・倉庫/技術職)
・「この曲には何度も助けられてきました。広々とした雄大な大地をイメージしながら、いつも心を強くして生きていこうと思える曲です」(45歳/情報・IT/事務系専門職)
・「松山千春さんの澄んだ歌声、北海道の大地を感じさせる歌詞が最高だから」(41歳/機械・精密機器/技術職)

◇『イヨマンテの夜』伊藤久男

・「”イーヨマンテー”というインパクト」(28歳/情報・IT/技術職)
・「高校時代よくふざけて歌っていた曲だ」(46歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「ワハハ本舗のイメージが……」(44歳/自動車関連/技術職)

◇『Winter,again』GLAY

・「聞くと北海道を思い浮かべるから」(32歳/小売店/販売職・サービス系)
・「北海道といえばGLAY」(31歳/学校・教育関連/専門職)
・「冬になると、必ずカラオケで歌います」(26歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

◇『北酒場』細川たかし

・「耳になじみやすいフレーズで印象的」(30歳/機械・精密機器/技術職)
・「演歌でも明るい曲調だからだれでも歌える」(40歳/自動車関連/技術職)
・「細川さんのキャラクターと生まれ育った北海道の感じが合っている」(37歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

◇番外編:人気のヒットソングから往年の名曲まで

・『本日のスープ』大泉洋Withスターダストレビュー「ご当地を愛する詩だし、結構知られているから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・『北海道は、どこにある?ここにある!』ゴンチチ「冬になるとよく流れているので」(27歳/自動車関連/技術職)
・『虹と雪のバラード』トワ・エ・モワ他「詩の内容が秀逸。これから街が発展するという希望にあふれて元気がもらえるから」(46歳/その他/事務系専門職)

■まとめ

注目の1位は、「『北の国から~遥かなる大地より~』さだまさし」でした。歌い出しを聞くだけで、北海道の広大な風景が広がりますよね。特に富良野のラベンダー畑や『北の国から』のシーンを思い出すという人が多かったです。

全国のご当地ソングの中でも名曲中の名曲かもしれませんね。

2位「『襟裳岬』森進一、吉田拓郎」は、襟裳岬の光景と北海道の人たちの気持ちがつづられた名曲。3位「『大空と大地の中で』松山千春」は、北海道の大自然とともに、生きる勇気を与えてくれる曲ということで、人気が高かったです。

4位は「『イヨマンテの夜』伊藤久男」と「『Winter,again』GLAY」。イヨマンテとはアイヌ語の送り儀式のことで、地域色あふれる1曲。『Winter,again』は、北海道出身のGLAYが歌う冬の曲ということで、若い世代を中心に人気を集めました。

6位は「『北酒場』細川たかし」。北海道出身の細川たかしさんがカラッと歌い上げる大ヒットソングで、多くの人の耳に残っているようです。カラオケで歌うという人も目立ちました。

番外編で注目は、「『虹と雪のバラード』トワ・エ・モワ他」。札幌オリンピックのテーマソングで、リリースから40年以上たちますが、今も色あせない名曲です。タイトルを見るだけでも北海道を思い出す曲がたくさんありますね。

皆さんにとっての北海道のご当地ソングはなんですか?

(文・OFFICE-SANGA 二宮由紀子)

調査時期:2013年5月18日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性364名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]