お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 冬のカラダ

モテる!?風邪予防グッズ「マスク。たいていの人が美人に見える」「のどが痛いと言われたら、のどあめをサッと出す」

「風邪の予防」この時期、大事なことだとは思うけれど、どうも女子度からはかけ離れてしまうような気がしませんか? しかし、ちょっと見方を変えるだけで「意外に女子力アップ!」という結果を得ることができるかもしれません。そんな「風邪予防グッズで魅力アップ」のポイントを女性のみなさんに教えていただきました。

■マスクその1 美人効果がある!?

・「マスク。なぜかマスクをしたとたんに美人に見える人がたまにいるから。逆に男性もイケメンに見えたりする」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「マスク。目元しか出ないから、たいていの人が美人に見える気がする」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「マスク。顔が小さく見える」(27歳/建設・土木/技術職)

どうやら、マスクで口元を隠すと目元が強調され、魅力的に見えたり小顔に見えたりすることがあるようです! マスク恐るべし!

■マスクその2 女子度の高いマスクで!

・「ハーブの香りがついたピンクのマスク、女性っぽいから」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「マスクです。おしゃれなマスクはかわいいなと思います」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「ピンク色のマスク。おしゃれの敵のようなマスクだけど、色と大きさがかわいければありだと思うから」(30歳/生保・損保/事務系専門)

無機質な印象の真っ白いマスクではなく、「いかにも女子」な商品が最近は色々と出ていますよね。好みは分かれそうですが、自分だけでなく周囲にも「女子」をアピールできそう。

■のどあめで好感度アップ?

・「のどあめ、みんなにもおすそ分けできるから」(27歳/電機/技術職)

・「かわいいケースに入れたのどあめ。のどが痛いと言われたときにパッと出してあげると、ちょっと食いつくから」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

のどの調子が悪いときにのどあめがさっと出てきたら、ちょっと気がきくなぁと思いますよね。単なる「あめちゃん持っている人」にならないためには、ケースなどに気合を入れるのが重要かも。

■こんなところでも!?

・「ハンドジェル。かわいいデザインのものが増えてるし、持ってたら清潔感がありそう」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「冷えピタはつけてるとかわいいんじゃないかなと思いました」(26歳/情報・IT/クリエイティブ職)

最近は海外メーカーのものを中心に、見た目も香りもかわいいハンドジェルが見られるようになってきました。男女問わず注目を集めそうですね。そして冷えピタを貼ってダウンしている女性は、か弱い印象になるのかも?!

いかがでしたか? 無機質な印象が先行しがちな風邪予防グッズも、ちょっと見方を変えたりひねりのあるグッズを選べば、たちまち女子度が上がるかも!? この冬は、「女子」を忘れずに風邪予防してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年10月にWebアンケート。有効回答数295件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]