お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

【男性編】一度見てみたい全国のユニークな大会ランキング―1位 万国ホラ吹き大会(青森県)

みなさんは「大会」と聞いて、どんなものを思い浮かべますか? 「一体どんなの競技なの?」とビックリするような、個性的な大会が全国各地で開催されているようです。そこで今回は、364名の読者の男性に、一度見てみたい全国のユニークな大会についてアンケートしてみました。

【ジョギングの1.5倍の消費カロリー!あのスポーツが痩せる理由】

Q.どんな戦いが繰り広げられるの? 一度見てみたい全国のユニークな大会を教えてください(複数回答)
1位 万国ホラ吹き大会(青森県) 14.6%
2位 全日本忍者選手権大会(滋賀県) 13.7%
3位 全日本かくれんぼ大会(兵庫県) 13.5%
4位 全国穴掘り大会(千葉県) 10.4%
5位 鬚自慢コンクール(大分県) 8.8%
5位 タライアスロン大会(鹿児島県) 8.8%

■万国ホラ吹き大会(青森県)

・「勝負している姿が想像できないから」(26歳/情報・IT/技術職)
・「こういうジャンルは、日本人はあまり得意でないような気がするので、実際にどんなホラ吹きか見てみたいから」(46歳/その他/事務系専門職)
・「ホラを吹くだけでどんな大会になるのか、内容が気になるから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

■全日本忍者選手権大会(滋賀県)

・「どんな忍術を披露するのか、興味があるから」(48歳/機械・精密機器/技術職)
・「どんな猛者がでてくるか、見てみたいので」(29歳/商社・卸/事務系専門職)
・「楽しそうなので、参加してみたい」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

■全日本かくれんぼ大会(兵庫県)

・「童心にかえって楽しめそうだから」(26歳/小売店/販売職・サービス系)
・「大人が熱心にかくれんぼをしていると思うとすごく面白そう」(27歳/その他)
・「全国レベルのかくれんぼってどんなことするのか気になる」(29歳/電機/技術職)

■全国穴掘り大会(千葉県)

・「大変そうだけど、地味な感じが面白いので一度見てみたい」(33歳/情報・IT/技術職)
・「深く掘るのが優勝なのか、美しく掘るのが優勝なのか、基準が気になる」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「力尽きるまで掘って、みんな泥まみれになってはしゃいでそう」(34歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

■鬚自慢コンクール(大分県)

・「勝利の基準がわからないから見てみたい」(32歳/機械・精密機器/技術職)
・「自慢できるほどの髭ってどのようなものか見てみたい」(35歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「歴代優勝者を並べて見てみたい」(33歳/情報・IT/営業職)

■タライアスロン大会(鹿児島県)

・「タライを使って何をするのか興味がある」(30歳/機械・精密機器/技術職)
・「過酷で見ごたえがありそうだから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「タライアスロンの響きに惹かれる」(37歳/食品・飲料/事務系専門職)

■番外編:想像するだけで楽しそうな大会ばかり

・大道芸ワールドカップ(静岡県)「純粋に見ていて楽しそうだから。これまで見たことない大道芸を満喫できそう」(41歳/機械・精密機器/技術職)
・下駄ダンスコンテスト(静岡県)「エンターテイメント性が高い。座頭市のラストシーンのような水準の高いダンスを期待」(51歳/情報・IT/技術職)
・全国金魚すくい選手権大会(奈良県)「上手い人はホントため息出るくらい上手いんだよなぁ」(34歳/自動車関連/事務系専門職)

ユニークな大会の中から1位に輝いたのは、「万国ホラ吹き大会(青森県)」です。どうやってホラを吹くのか注目が集まりました。1人5分の持ち時間で、いかに大ボラを吹くかを競う大会。驚きのホラの連続に会場は笑いの渦に包まれるそうです。

興味がある人は見に行ってみてください。

2位「全日本忍者選手権大会(滋賀県)」は、手裏剣や石垣登りなど、いくつかの術で競い合うというユニークなもの。3位「全日本かくれんぼ大会(兵庫県)」は、かくれんぼをスポーツ化して、「おに」と「隠れ人」にわかれて競い合います。

どちらもワクワクするような大会ですね。

4位「全国穴掘り大会(千葉県)」は、穴の深さを競い合うそう。優勝チームは、制限時間30分で3メートル以上の穴を掘るとか。地味な感じがしますが、白熱したチーム戦が見られるそうですよ。

5位には「鬚自慢コンクール(大分県)」「タライアスロン大会(鹿児島県)」と、名前を聞いただけでおもしろそうな大会がランクイン前者は、美しい鬚、長い鬚などを競います。後者は、タライに乗って川を下る、一風変わった大会。

名前のユニークさも注目を集めました。

番外編では、「下駄ダンスコンテスト(静岡県)」に注目。ジャンルなどは問わず、下駄を履いて踊るだけ。制限時間は3分間。歩きにくい下駄を履いてどのように踊るのか。どんな音が聞こえるのか。完成度の高いダンスだとかっこよさそうですよね。

(文・OFFICE-SANGA 二宮由紀子)

調査時期:2013年5月18日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:男性364名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]