お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

【女性編】ドライブ中にイラッとすることランキング―1位 ウインカーを出さずに急に曲がる車

ドライブでは、車という閉じられた空間に、自分や同行者だけの親密な時間を提供します。それを楽しく思う反面、運転に集中しているドライバーは、思っている以上に注意力を働かせ、過敏になっているもの。そんなとき、イラッとした出来事について、読者の女性404名にアンケートをしてみました。

【イラッとしたときに試したい! 自己説得法】

Q.ドライブ中にイラッとすることを教えてください(複数回答)
1位 ウインカーを出さずに急に曲がる車 42.1%
2位 大渋滞 40.8%
3位 後ろの車が急接近してくる 26.2%
4位 同乗者がヘビースモーカー 25.2%
5位 道に飛び出す歩行者 24.8%
5位 スマホをいじりながら運転する人 24.8%

■ウインカーを出さずに急に曲がる車

・「ウインカーの意味ないじゃん!」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「車間距離が殆どないのに、ウィンカーを出さずに目の前に進路変更してくる車が怖い」(37歳/運輸・倉庫/技術職)
・「急にこちらの車線に入ってこられたりするとイラッとします」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

■大渋滞

・「トイレが気になる」(30歳/金融・証券/専門職)
・「いつ渋滞をぬけるかわからないから」(25歳/商社・卸/技術職)
・「あまり自分で運転しないので、とりあえず渋滞は時間がもったいないので」(26歳/学校・教育関連/専門職)

■後ろの車が急接近してくる

・「追われているようでいやなので」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「うしろからくっついて運転されると怖い」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「怖い。じりじりされているみたい」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

■同乗者がヘビースモーカー

・「降りたくなります」(27歳/小売店/営業職)
・「密室での煙草は具合が悪くなりそう」(25歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

■道に飛び出す歩行者

・「明らかに歩行者が悪くても、車に責任を問われるのが納得いかない」(31歳/小売店/販売職・サービス系)
・「責任はこちらになるので」(27歳/電機/販売職・サービス系)

■スマホをいじりながら運転する人

・「スマホをいじりながらは危なっかしい」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「携帯を使いながら運転している人を見ると本当に腹が立ちます。危ない!」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

■番外編:嫌がらせに近い

・パッシング「パッシングをするひまがあれば、横によければいいと思う」(31歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・無理な追い越しや追い抜き「猛スピードで縫うように追い越しをしていった車がいた。おまけに音のうるさい車だったためイライラも倍増」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・駐車場を猛スピードで走る車「人としてマナーがない」(30歳/ソフトウェア/技術職)

1位は「ウインカーを出さずに急に曲がる車」でした。「ウインカーの意味がない」という意見には、ほとんどの人がごもっともと思うのでは? 大事故になる可能性をはらんでいる割には、あまり取り締まりされていない印象がありますね。

2位は「大渋滞」がランクイン。渋滞表示で「○km渋滞」と書かれているより、「○まで何分」と書かれていた方が、予測がつくので比較的気が楽ですよね。特にレンタカーを借りている場合は車を返却しなければならないので、時間表示の方がありがたいという声も。

3位は「後ろの車が急接近してくる」です。1車線なのに車間距離を詰めてくる車もありますよね。その割には追い越さないケースが多いので、イラッというより「気色悪い」です。4位は「同乗者がヘビースモーカー」。タバコの煙で健康を害することもありますので、同乗者にも気を使ってもらいたいものです。

番外編では、悪質なドライバーにイラッとしたコメントをピックアップ。違反行為もありますので、気を付けてましょう。

車を運転すると別人になる人がいますが、心理学的には車がパーソナルスペースとなり、それに近づいてくるモノを排除する気持ちが関わっているのだとか。しかし、行動で勝手な行動はNG。理性を忘れずにドライブを楽しみたいものです。

(文・OFFICE-SANGA 秋田茂人)

調査時期:2013年5月18日~2013年5月22日
マイナビウーマン調べ
調査数:女性404名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]